ハーメルン
ウルトラマンカイナ
第2話 恐竜戦車と光の巨人

 ウルトラ記念博物館の近くに、宇宙怪獣が接近している。その情報がBURKを通じて報じられた途端、館内は騒然となった。
 他の隊員達が避難誘導を行う中、琴乃は梨々子の手を引く弓弦の後を追い続ける。こうなった以上、速やかに梨々子を安全な場所まで護衛しなくてはならない。
 司令官の娘に万一のことがあれば、BURKは面目丸潰れだ。

「……!?」

 すると。今までとは別人のような、鋭い顔付きに変わっていた弓弦の横顔が目に入り、琴乃は思わず目を見張る。
 ――その時だった。

 宇宙怪獣がついに墜落したのか、激しい地震が館内を襲い、人々の悲鳴が轟いた。その直後、BURKとの交戦が始まったらしく――けたたましい衝撃音が、外から響いてくる。
 一瞬にして戦場に巻き込まれてしまった恐怖に煽られ、博物館に来ていた一般客や付属高校の生徒達は、我先にと外へと群がっていった。

「壁が崩れるぞ! ――あっ、子供が!」
「危ないっ!」

 その時。戦いの余波なのか、突如壁に亀裂が走り――その下にいた子供の上に、瓦礫が降り注いだ。
 それを目の当たりにした琴乃が、瓦礫を破壊しようと、とっさに懐から光線銃「BURKガン」を引き抜いた――次の瞬間。

「風祭君ッ!?」

 鋭い眼差しに変わった弓弦が、目にも留まらぬ速さで弾かれたように飛び出し――少女を抱え、間一髪瓦礫を回避してしまった。

「よっ、と。もう大丈夫だよ」
「お兄ちゃん……わ、わぁあん! 怖かったよぉ!」
美華(みか)ちゃあぁん!」
「ママぁあ!」
「あぁ、良かった……! ありがとうございます! ありがとうございました!」
「ここは危ない、さぁ、早く!」

 弓弦は少女を優しく下ろすと、駆け寄って来た母親に避難を促し――やがて何事もなかったかのように、惚けていた梨々子の手を引き、その場を離れていった。
 あまりにも鮮やかに少女を救って見せた、その俊敏な動きに、ただならぬものを感じた琴乃は――通信で、隊長に真実を問う。

「弘原海隊長、彼は一体……!?」
『……あぁ、お前は今日が初めての監視任務だから、知らないのか。彼の名は風祭弓弦。BURK最優秀隊員・風祭勇武(かざまつりいさむ)の息子で、弱冠14歳で入隊試験をパスしたこともある天才君だよ』
「風祭勇武って……! 異星人をBURKガン一丁で撃退したこともある、あの伝説の……!?」
『あぁ。だが、2年前に異星人との銃撃戦で戦死しただろ? あれ以来、息子の方もすっかり意気消沈しちまってなぁ。入隊も辞退して、今じゃ普通の高校生だ。……尤も、体はまだ覚えてるみたいだがな』
「そんなことが……」
『だから司令官も、娘の恋路を半ば黙認してんのさ。それでも心配でソワソワしてるらしいが――おっと、無駄口は終わりだ。例の怪獣、そっちを狙い始めてやがる。奴は俺達がなんとか抑えるから、お前は速やかにお嬢様を安全なところへ送り届けてやれ!』
「りょ、了解!」
 
 琴乃は弓弦の正体に息を呑むと――梨々子の手を引いて外へ飛び出す彼に続き、博物館を後にする。すでに外には、付属高校の生徒を乗せた避難用バスが待っていた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析