ハーメルン
ウルトラマンカイナ
第3話 ウルトラマンと少年

 白銀の逞しい肉体。真紅の手足。
 丸い目に、頭部に閃くトサカ状の刃。そのシルエットは、紛れもなくウルトラマンのそれであったが――博物館の中に、この姿に該当する立像はなかった。
 つまり……今日初めて地球に来たウルトラマン、ということだ。

「あんなウルトラマン、初めて見る……!」
「ていうか、ナマでウルトラマン見るのも初めてだよ……!」
「やれーっ! やっちまえーっ!」

 バスにいる付属高校の生徒達は、ウルトラマンの出現に歓声を上げる。これでもう安心だと、確信するように。
 ――だが、未だ弓弦の安否は不明であり。それを何より気にかけている梨々子は、不安げな表情のままであった。そんな彼女を気遣うように、智花が隣に寄り添っている。

「……大丈夫だよ、きっと。風祭の奴、すぐに見つかるって」
「智花……」
「ちらっと見てたんだけどさ。さっきのあいつ、普段とは別人ってくらいキリッとしてて、カッコよかったよね。普段からあれでいきゃいいのに!」
「あはは……うん、そうだね……」
「……だから、きっと大丈夫だって。学校で待っててやろうよ。弁当、食べさせてあげるんでしょ?」
「うん……でも、さっきのどさくさで中身ぐしゃぐしゃだと思うし……」
「あいつなら気にしないよ、絶対。普通に何食わぬ顔でむしゃむしゃすると思う」
「あはは……そうかも。そんな気がして来たよ」

 懸命な励ましが効いたのか、梨々子にも少しずつ笑顔が戻り始めている。そんな彼女の様子に安堵しつつ、智花は剣呑な面持ちで、ウルトラマンの背中に視線を向けるのだった。

(……うちの親友が、こんなに心配してんのよ。さっさと帰って来なさいよね、風祭!)

 ◇

「シェァッ! ダァアァッ!」

 赤い玉から現れた赤い手足のウルトラマンは、恐竜戦車と相対してすぐに殴り掛かった。真正面から突っ込んでいった彼は、力任せに拳を振るい、恐竜戦車の顔面を打つ。
 ――だが、ゼロ距離からのミサイル射撃をまともに浴び、すぐに転倒してしまった。それでもめげず、再び真っ向から突撃していくのだが……恐竜戦車の牙城を崩す前に、砲撃で吹き飛ばされてしまう。

「くっ、う……こ、ここは……!」

 その戦場となっている、市街地の廃墟。そこで目覚めた弓弦は、自分のすぐ近くでウルトラマンと怪獣が戦っていることに、ようやく気付いた。
 すぐにここから離れなくては――そう思う瞬間、彼の傍らにウルトラマンの巨体が倒れ込んでくる。

「おわっ!」

 眼前にウルトラマンの頭が現れ、その衝撃に弓弦は再び吹っ飛ばされてしまう。なんとか身を起こした彼の眼前では、仰向けに倒れたウルトラマンが尻尾の連打を浴びせられていた。
 弓弦の間近で苦悶の声を漏らすウルトラマンは、カラータイマーが点滅しているこの状況でも、活路を見出せずにいる。もはや、そんな余力は残されていないのだ。

 このままでは、やられてしまう。そう焦る弓弦と、ウルトラマンの視線が交わった――その時だった。

『助けて……くれ!』
「……!? ウルトラマンの声……なのか!?」

 弓弦の脳内に直接、知らない声が入り込んでくる。それが意味するものを彼が理解した瞬間、ウルトラマンは深く頷いた。

『あぁ……そうだ。ぐっ! お、俺は地上では長くエネルギーが持たないんだ! この地球上でエネルギーを回復させるには、人間の姿を借りなきゃいけない……でも、俺には地球人に擬態する能力がないんだ! ぐふっ!』

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析