ハーメルン
ウルトラマンカイナ
特別編 ウルトラカイナファイト part2

 ――その頃。怪獣軍団に破れ、壊滅状態に瀕しているBURKの基地内では。半壊したブリーフィングルームの中で、駒門琴乃が声を荒げていた。

「そんなっ……弘原海隊長、本気なのですか!」
「俺が冗談でこんなことを言うと思うか? ……もはや、手段を選べる状況ではないんだ。情けないことにな」

 彼女の抗議を受けている弘原海も、沈痛な面持ちで自嘲している。2人の視線は、基地の屋上にあるアンテナと繋がっている、とある「装置」に向けられていた。

 ――かつて人類はウルトラマンを「捕獲」し、その存在を「生物」として解析した上で、「兵器」として運用しようと目論んでいた。
 それで万が一、ウルトラマンを敵に回すような結果を迎えれば、地球そのものが取り返しのつかない末路を辿ることになる。人道的見地以前の問題を抱えた、禁忌の研究であった。

 そして、その計画が必然的に頓挫する直前。ウルトラマンという英雄――イカロスの「翼」を焼き、地に落とすために開発された「太陽」があった。
 それが人工ウルトラサイン発信装置、通称「イカロスの太陽」なのだ。

 本物に極めて近しい精度で偽造されたウルトラサインで、標的とするウルトラマンを地球に誘き寄せ、捕獲する。そのために生み出された、悪魔の産物。
 ウルトラマンという救世主の存在を巡る、人類の闇そのものであった。

 弘原海は封印されていたその装置を使い、「カイナからの救援要請」を装って他のウルトラマン達を呼び寄せようと考えていたのである。

 カイナの窮地とあらば必ず駆け付けるであろう、彼の「後輩達」を。

「こいつの力で『彼ら』を呼び戻す。それ以外にもう……ウルトラマンカイナを救う手立てはない。お前にだって分かっているはずだ」

 ――ウルトラマンカイナが初めて地球に降り立ち、恐竜戦車との死闘を繰り広げた日から6年。それまでの間、地球は絶えず怪獣や異星人の襲撃を受け続けていた。
 安息など与えられない、闘争の日々。それでもBURKが一度も屈することなく、地球の守手としての使命を全うして来られたのは、「ウルトラマン」という存在が常に支えとなっていたからなのだ。

 1年経つごとに、任期を終えたとばかりに地球を去っては。入れ替わるように新たな巨人が現れ、BURKと共闘して侵略者達を退けていく。
 カイナの登場を皮切りに、それが6年間にも渡って続いてきたのである。かつては新米だった彼の5人の後輩達も、今や1年間地球を守り抜いた歴戦の猛者なのだ。

 そして、カイナに続く地球の守手として戦ってきた彼らならば。自分達の先輩に当たる彼の窮地に、動かないはずがない。
 彼らがこの地球で戦ってきた怪獣達も恐竜戦車と同様に、テンペラー軍団によって「追い立てられた」存在だったのであれば。これは彼らにとっても、真の最終決戦となるはず。

 弘原海は、そこに賭けているのだ。彼ら自身にも、戦うに値する理由はあるはずだと。

「そんなことは分かっています! しかし『彼ら』はもう、十分過ぎるほど戦いました……! それなのに、またこのような戦場に引き摺り込むなんてッ!」

 琴乃としても、弘原海の主張が理解できないわけではない。それでも彼女はあくまで、反対の立場にいる。
 その理由は、カイナの後輩達が地球で活動するための依代(パートナー)として選んだ、この星の青年達にあった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析