ハーメルン
理の神様は何を見る
第5話 惑星作るZE

 
前回(第4話)俺に、弟のイザナギと妹のイザナミが誕生しました。本当に最初はおふくろが、どっからか拐ってきた子供かと思いましたが普通に誕生したと聞いてガチで驚きました。

あれからさらに500年位かな?
イザナギとイザナミが大きくなりました。
でもなぜかおふくろは、いまだにロリ姿です。
生命の神秘というもんじゃないなこれは、そしてさらに、今現在おふくろである千からあることを提案されました。

それは…………

理 「はっ(゜ロ゜)?今なんていった?」

千 「いやじゃから何か飾りつけをしようかと…」

理 「ま~確かにこのままというのも味気ないな」

千 「じゃからの~……」

そうこれはいわゆる星々、惑星創世の秘密なのだが今回特別にこの話を読んでいる読者様に教えよう。神の気まぐれで星が誕生した瞬間の日を、

イギ「どうしたんですか、母上、兄上?」

イミ「…?何やってるの?…」

理 「お~ちょうどいいところに実はな……」
    
理久兎は千の言ったこと全てを伊邪那岐と伊邪那美に伝える。

イギ「なるほどかざりつけですか……」

イミ「……ほむ……」

イギ「創るの良いとして出来るのですか?」

イミ「出来るの?お母様、お兄様?」

自分と千は少し考えると息を合わせて、

理 「出来るだろ何となくだが」

千 「出来るじゃろ何となくじゃがな」

イギ「凄いもの凄いぐらいにハモってるてか何と
   なくなんですか?!」

イミ「ハモってて凄いけど何となくなの?!」

何となくという言葉に伊邪那岐と伊邪那美は不安を覚える。すると伊邪那岐は何を思ったのか、

イギ「…そうだ!こういうのはどうでしょうか?」

3人  (・_・?)??  

イギ「1人で1つ以上の飾りつけをするんですよ
   一番良くできた者には何か願いごとを叶え
   るというのは どうでしょうか?」

理 「それはつまり1対1対1対1ということか?」

イギ「はいそうです兄上!」

千 「ほう…面白いよいじゃろう」

理 「確かに面白そうだなそれは」

たまには伊邪那岐も良い事を言う。これは本当に面白そうだ。

イミ「お兄ちゃん…グッジョブ」(^^)b

イギ「ありがとう♪」

良い意見なのだが自分には少し思うことがあった。

理 「な~おふくろ……」

千 「なんじゃ?」

理 「さすがによ~俺ら2人はいいとして伊邪那岐
   と伊邪那美は生まれてまだ500年なんだし
   ハンデをあげても良いと思うだが?」

それは2人がまだ幼いという事だ。それならハンデをあげようと思っのだ。

千 「ふむ確かに……ならイザナギとイザナミよ…
   そち逹は2人で創るがよい」

理 「お~いいハンデなもんで」

イギ「いいのですか?母上?兄上?」

イミ「…………いいの?」

と、2人は一応確認のために聞いてくるが自分や千は対して問題がないため、

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析