ハーメルン
理の神様は何を見る
第3話 課せられた任務

マレの大地を壊滅させてから数ヵ月の月日が流れる。7つの大罪達は最後の大地となるソルへと侵入しそこにある街に拠点を構えていた。

アス「バレルは良し…次にシリンダーを……」

レビ「あぁ~ーここ間違えた!!」

ルシ「はぁ~この世界は本当に鬱になりそう」

サタ「本当にその通りだ…つまらん……」

マモ「ベルゼブブ君それ気に入ってるよね」

ベゼ「まぁな♪俺の相棒だからな♪」

ベル「………………」

と、いった感じで拠点でゆっくりとしている時だった。中央のテーブルに設置してある水晶に顔が写りだした。その顔は皆から見てもわかるムサイおっさんだ。

? 「七つの大罪達よ!」

と、その口を大きく開いて言うと7人の悪魔はその水晶をちらりと見るとまた各自の趣味へと没頭し出した。するとその水晶に映った顔は眉間にシワを寄せながら、

? 「七つの大罪達よ!!」

今度はもう少し大きく声を出すが全員まさかの全員無視だ。そしてとうとう……

? 「いい加減に聞け!!」

と、大声をあげた時だった。その場の7人はというと……

サタ「FU○KYOUー!死ねクソ野郎!」

ルシ「爺なんかよりロリ出しなさい!ロリ!」

レビ「おめぇのせいで修正箇所がまた出来ただろ
   憎たらしい!!」

アス「カエレw」

ベゼ「ブー!ブー!ブー!ブー!」

マモ「うわっ…皆この反応だよ……」

ベル「………………………………」

流石のこの反応のためか水晶に移るおっさんはイラ立を覚えても仕方はない。

? 「貴様ら!これでも王だぞ!!」

アス「知るかよバーカ」

ルシ「ロリじゃないなら失☆せ☆ろ♪」

サタ「マジで帰ってれてか死ね!」

ベゼ「お前に興味なしやはりしロリだな………」

ここまで言われると目の前のおっさんの堪忍袋はもはや決壊すんぜんだ。

? 「ぐぐぐっ………俺の話を黙って聞くのはマモン
   とベルフェゴール以外で居ないのか!」

その言葉を聞いたマモンはある言葉が引っ掛かった。その言葉とはベルフェゴールという言葉だ。マモンはよくベルフェゴールを見ると、

マモ「えっと…ソロモン王……ベルフェゴール君その
   寝てます………」

ソロ「何!?」

水晶に写る顔もといソロモン王と今この場にいる6人はベルフェゴールをよく見ると、

ベル「……zZZ……zZZ……」

まさかの爆睡だ。目を瞑って黙想しているかと思いきや寝ているのだ。するとソロモン王は更に怒りを覚え怒声をあげて、

ソロ「起きろベルフェゴール!」

バチンッ!!

ベル「ちっ…うっせぇな……」

ソロモン王の怒声でベルフェゴールが起きた。だがベルフェゴールの顔は結構イライラしていたが、

マモ「えっえっと……ソロモン王その用件は?早く
   済ませる事をお勧めしますが?」

マモンの言葉を聞いたソロモン王は確かにと思うとさっさと終わらせようとする。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析