ハーメルン
真・恋姫†無双~程遠志伝~
黄巾討伐編 第五話





 面倒くさいことが起こったのは、思ったよりも早かった。
 程遠志たちは配給の握り飯に齧りつきながら、「まあ、酒でも飲んで明日考えようぜ」と言い合っていると、気配がした。
 程遠志は後ろを振り向く。素知らぬ顔をした黄巾の男が一人、こちらを何気なく見ていた。
 苛立ちから、舌打ちが漏れる。

「おいおい」

 尾行されてるのかよ。だれの指示だ? 考える必要もなく、程遠志はわかった。厳政だろう。
 彼の張角たちに対する忠誠は本物らしい。無遠慮にその居場所を聞いてきた程遠志を怪しんだのか、危ぶんだのか。
 失敗したな、と鄧茂、張曼成に零す。「やっぱり、僕の言った通り程遠志の選択は外れになったね!」と妙に嬉しそうな顔で鄧茂が言ってきたので、程遠志は一発頭を平手ではたいた。
 なんにしても、面倒くさい事態になった。自由に城内を動き回れるはずが、これである。
 程遠志はつくづく運がねえな、と呟く。厳政に言ってやりたかった。ついてねえときは、俺の方がついてねえぞ、と。

「どうする、程遠志」
「どうするったって、どうしようもねえだろ。なんだ、怒鳴りつけてやれってのか。男に尾行される趣味なんてねえんだよって」
「そういうことじゃない。三つの選択肢から、どれを選ぶべきか、ということだ」

 厳政にもまだ黄巾を裏切る気があると考えるか。
 厳政は裏切らぬと考え独力で張角を捕まえるか。
 それとも曹操が来るまで隅っこで震えているか。
 張曼成の言う三つの選択肢とは、おおよそこれらのことだろう。程遠志は少し、顔を引きつらせた。

「今の状況で、もう一回厳政に黄巾を裏切れ、なんて言う勇気は俺にねえよ」
「じゃあ、曹操様が来るまで待ってるのか」
「その選択が一番現実的になってきやがったな」
「やめといたほうがいいよ。今の程遠志が決めた選択肢が外れな気がする」鄧茂はそこまで言って、「いや」と思い直した。「あ、けど、やめないほうがいいのかな。程遠志がやめたらやめたで、そっちの方が失敗する気がしてきた」
「お前はホントに素直に言うなぁ」

 程遠志は呆れたように声を上げる。この無神経さはもはや美徳と称すべきだろう。

「なんにしても、だ。まだ俺のやることは変わらねえよ。悪い流れだろうが良い流れだろうが、人間ってのはそれに身を任せるしかねえんだ」
「どうするの」
「酒でも飲んで、考えるのは明日にしようぜ」

 程遠志はあっけらかんと言った。考えるのが面倒くさくなった、ともいえる。

「そんな呑気にしてていいのか」
「今焦ったってしょうがねえさ。悠長に見えるくらいがちょうどいい塩梅なんだよ。ふざけてるわけじゃねえんだ」
「俺にはそう思えない、が」張曼成も、そこでにっと笑う。「正直、俺も考えるのが面倒くさくなってきた」
「だろ! そういうもんだよ。大体、俺とかお前とかに複雑な思考なんて無理なんだよ」

 嬉しそうに程遠志は二、三度頷いた。

「でも、尾行はどうするの。お酒飲んでるときに警戒した目で見られたら、それはそれで気味悪いんだけど」
「確かにそうだな」程遠志は真顔になり、すぐに両の掌をぱん、と打った。「ならよ、簡単ないい手がある」
「手?」
「ああ。あいつも酔わしちまえばいいじゃねえか」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析