ハーメルン
真・恋姫†無双~程遠志伝~
黄巾討伐編 第七話




 裴元紹が死体を隠すために用いた方策は、単純明快で、残虐で、普通の人間には決して行えないようなことだった。
 まず、割れた西瓜のように顔を潰した。他にも、身体的な特徴からその死体の身元がバレるのではないか、という部位を積極的に破壊して、破棄した。
 残ったのは惨たらしくなった死体だけである。それを、適当な場所に野晒しのまま捨てた。いずれ発見されるだろうが、大した問題にはならない、と裴元紹は高を括っていた。
 ……そこから、張曼成は目を背け、鄧茂は明らかに狼狽えて、混乱した様子を見せた。
 生き死にに慣れているだとかそういう問題ではない。生命の冒涜。規律の違反。非現実的なことである。考えが及んでも、普通の人間ならば決してできないようなことを、裴元紹は容易くやり遂げた。
 場にいる人間の中で、程遠志だけが無表情を保っていた。一人だけ黙りこくっていた。ただ、余裕を持てていたわけではない。

 程遠志は喋らなかった。いや、喋らなかったというよりも、喋れなかったと言うべきか。考えなければならないことが、多くあった。
 死体を惨たらしくしたことによって、身元が割れることは十中八九なくなった。あの状態では誰も判断なんてできないだろう。
 しかし、厳政は一日もあれば異常に感づくはずだ。遣わせたものが帰ってこず、連絡もつかないどころか見当たらない。始末されたと考えるはずだ。そこで、異常なまでに頭部が破損した死体が見つかればどうなるか。
 それらを結びつけることなど造作もない。程遠志たちは殺される。路傍の花を踏みつけるような手軽さで、簡単に。張角に忠誠を誓っている彼ならば、そうするはずだ。

「よお、程遠志。死体の偽装は済んだぜ。それで、どうするんだ」
「…………ああ」

 程遠志は答えてしまいそうだった。「受け入れる」「受け入れない」その二つの選択肢のうちから、最もあり得ないほうに傾きかけた。「受け入れる」声に出かけた。適当な感じで選択肢を決めてしまいそうになった。
 口を開こうとしたところで、程遠志は何かに躓いて、尻もちをついた。おいおい、と思う。どれだけ焦っているんだ。裴元紹も「怖いのかよ、臆病者」と野次を飛ばしてきた。
 地面を見た。何も存在しない。躓いたはずの箇所には、何一つものなんてなかった。

「お前、どんだけ動揺してるんだぁ?」

 裴元紹は嘲り笑った。その通りだと程遠志も思う。そして、きまり悪く立ち上がろうとして、ハッとした。
 流石におかしくはないだろうか。こんな状況で、こんな一世一代の選択が迫られた最中で、急に、何もないところで足を滑らせるなんてことがあり得るのか。偶然ではないのではないか。
 理屈ではない。程遠志は自分の頭が急に働き出すのを感じていた。それは、かつて夏侯淵に二百の兵士で挑んだ時を思い出させるようだった。

 例のように、思考の濁流に自ら程遠志は飛び込んだ。偶然でないのならば、必然だ。足が滑ったのは必要なことだったのだ。そう考えるべきだ。
 なぜ足が滑ったのか。答えさせないためだ。裴元紹の誘いに「はい」と答えないため。答えさせないために足が滑った。
 意味の分からない妄想に思えるかもしれない。馬鹿馬鹿しい空想のような考えだった。だが、と程遠志は思う。今までの経験が、彼に語り掛けていた。
 流れが変わったのだ、と。
 あとは、自分がその流れに乗るだけだ。迷わず、自分の思ったことを貫くべきなのだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析