ハーメルン
真・恋姫†無双~程遠志伝~
黄巾討伐編 最終話



 程遠志は簡単に勝った。呆気ないほど容易く、数秒で勝負は決まってしまった。厳政が殴り掛かり、それを程遠志が半回転して避けた際、その回転とともに動いた肘が厳政の顎を正確に捉えた。
 見てすらいなかった。そういうものだ、と確信した動き。
 厳政は顎をしたたかに打たれ、軽い脳震盪を起こして動けないながらも程遠志の幸運に呆れ、信じてみようと決めた。

 そして、である。
 厳政の信頼をある程度まで勝ち取り、張角三姉妹に多少怯えられながらもこの城から脱出することに同意は得た。
 急ぐべきだ、と程遠志は思った。自分のモノにした「流れ」がそう簡単にどこかへ消えてしまうことはない、と確信してはいたが、この城の中でただただ怠けているだけではならないだろう。
 すぐさま行動を起こさねばならない。曹操の命令でこの城に入ったのが今日の昼で、酒を飲んだのが夕方過ぎ。もういつの間にか日は落ちて夜になっていた。抜け出すにしても、ちょうどいい時間帯だ。

「どうやって、この城から脱出する気ですか」
「理由なんて適当につければいいさ。このままじゃ勝機はないから、他の黄巾軍に援軍を求めに行く、みたいな感じでいい」
「この、完全に包囲されている状況で? 信じてもらえますかね」
「信じてもらえるさ。包囲されているこの状況で外に出るなんて、馬鹿な奴だ、なんて哀れまれるかもな。うまくいくんだよ」
「どうしてそこまで―――」

 自分のことを信じられるのか、と聞こうとして、厳政は口を噤んだ。己の幸福を、「流れ」を信じて、成功してきたからだろう。
 それを信じると決めたのだから、もはや言葉はいらない。静かに頷いた。

「じゃあ行くぞ。こんなところにいても始まらねえ」

 程遠志はすぐさま歩き出した。振り向きもせず、前だけを見て進む。
 そこからはとんとん拍子に事が進んだ。裴元紹を連行し、適当な場所に軟禁した。適当な台車を見繕い、兵士たちに見られてはまずい張角三姉妹を入れた。台車を曳きながら城の門を目指し、ぎりぎりのところで厳政も台車の中へ入った。
 あとは程遠志たちが台車を引いて門を超えるだけだ。張角たちは誰にも発見されることなかったし、怪しまれることもなかった。

「ねえ、程遠志」鄧茂がひそひそと言う。「流石に、この台車を曳いたまま出るのは難しいんじゃない?」
「食糧を持っているとでも理由をつければいいさ。他の黄巾軍へ運んでやるだの、曹操軍を掻い潜っていくためには必要なことだの言えばいい」
「台車を検められないかな」
「検められても、大丈夫さ」

 そういうもんだ、と程遠志は笑いながら言った。
 そうして、程遠志たちは門の前に辿り着く。そこには無数の門番と警戒している兵士たちがいた。
 いよいよだ、と程遠志は思う。
 動悸がした。必ず成功すると確信していても、何度やってもこの感覚は変わらない。

「どこに行く気だ」
「援軍を、求めに行く」
「どこへ」
「隣に存在する、黄巾の村だ。厳政様の許可は取ってある」

 程遠志は張曼成に喋るのを任せていた。初対面の人間に対して自分の容貌や、喋り方が威圧感を与えるような気がしたからだ。
 それは確かだったようで、生真面目に見える張曼成は少なからず門番に好印象を与えていた。

「その台車は、なんなんだ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析