ハーメルン
真・恋姫†無双~程遠志伝~
ちょっと休憩





 程遠志は昇進した。元黄巾賊の男がこうも早く昇進することに、さまざまなところから罵倒や文句が出て、これは一波乱あるか―――と思われるほどまでであったらしいが、彼は気にしていなかった。
 貰えるものは貰うし、他の人間からの評価などは気にならない。嘘偽り抜きでそう考えている男だった。
 それに。
 今現在の程遠志には、そんな悪評などよりも気にしなければならないことがあった―――

「……なあ、いったいどうしてよ、俺はお前と仲睦まじく街を練り歩いているんだ?」
「さて、な」夏侯淵はしれっとした顔で言う。「お前、なんて呼び方は好きじゃない」
「夏侯淵」
「おや。あの時みたいに夏侯淵様、と呼ばないのか?」
「その話はやめろ。やめてください」

 程遠志は引き攣った顔になる。あの時が、黄巾の城から脱出した時のことを指しているのは自明の理だった。
 途中までは完璧だったんだよ、と言い訳気味に呟く。はは、と夏侯淵は愉快気に笑った。

「お前は本当に両極端な男だな」
「知らねえよ。……てか、夏侯淵、普通に俺のことをお前って呼んでるじゃねえか」
「私の名を呼ばせて、揶揄って、楽しみたかっただけだ。他意はない」
「めっちゃ他意あるじゃねえか」

 程遠志がそう突っこむと、また夏侯淵は笑った。
 ひとしきり笑って、そこで、ようやく夏侯淵は程遠志に口を開いた。

「黄巾党を撃破し、秘密裏に張角たちを仲間にした祝賀会のようなものだ。その材料の買い出しを私とお前が担当する。今街を歩いている理由なんて、それだけの話だ」
「買い出しなんてもっと下々の奴がやることじゃねえの」
「祝賀会の料理は華琳さまも食べる。一つ一つの物事から手を抜くわけにはいかぬ」

 それなら毒見役でも作ればいいだけじゃねえのか―――なんて程遠志は思ったが、それでは興が削がれるということなのだろう。少しずつ、彼にも曹操という人間の人となりが理解できていた。

「その祝賀会ってのは、俺も出んのか?」
「当り前だろう。ある意味、お前が主役だと言ってもいい」
「はあ?」

 主役? と程遠志は首を傾げる。生まれてこの方、自分がそんな位置に立ったことなんてなかった。
 なんでわからないんだ、と夏侯淵は少し呆れた顔になった。

「黄巾を攻め滅ぼした勲功があるだろう」
「それはそうだけどよ、俺は、昔から主役なんて柄じゃねえんだよな。悪役だとか、敵役だとか。そっちに慣れちまってんだ」
「気に入らないのか?」
「そういうわけじゃないんだけどな」
「それなら気にせずどんと構えていればいい―――まあ、一部の人間からお前が嫉まれたり、嫌われたりしていることは、事実だが」
「そういう悲しいことをイイ顔で言うなよ……でも、やっぱそうだったのか。ほら、あれだよ。なんかでかい鉄球持ってるチビ。よく睨まれるんだよな。この前まで無視だったのに」
「季衣はな」夏侯淵は、初めてそこで表情を曇らせた。「あれは、また、特別な事情があるんだ。気になるなら私からも言っておくが」
「別によ、気にはならねえよ。鄧茂も仕方ねえことだって言ってたしな」

 程遠志はさらり、とそう流した。睨まれることに慣れているというのもあったし、どうだっていいことだとも思っていた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析