ハーメルン
真・恋姫†無双~程遠志伝~
董卓包囲網編 第二話 群雄割拠



 ―――劉備。

 関羽は笑っていた。とんとん拍子に物事が進んでいる。自分と、張飛は元より、孔明と龐統。そして天の御使い様まで―――劉備の理想としている、「誰もが笑って暮らせる世界」の構築は近い、と思えた。
 民草が泣いているから。劉備が兵を挙げるの理由は、ただのそれだけである。他の諸侯からすれば考えられぬことであろう。
 民を思う人間はいようとも、それがすべてだと断ずる人間は、彼女しかいない。関羽は確信していた。
 その性格だからこそ、人が集まった。伏龍、鳳雛と呼ばれた軍師たちも。天の御使いこと、北郷と名乗った青年も。
 この連合軍で、必ず名を上げることだろう。そうせねばならない。
 関羽は奮起した。張飛も同じ思いだろう。そう、確信も持てた。

「あれ、愛紗ちゃん」
「桃香さま!」

 関羽がそう考えていると、劉備がにっこりと笑うながら現れた。隣には張飛と、孔明がいる。
 劉備の目は輝いていた。理想に焦がれる瞳。董卓の暴虐に対して立ち上がらなければならぬ。そんな使命感を、帯びていた。

「もう、出陣なさいますか」
「そうだね。ご主人様が来たら、出ようかな」
「ええ。此度の反董卓連合では、必ず我々の名を轟かせてみせます」
「あはは……でも、そうだね。相手の軍を打ち破って、洛陽の人たちを救いに行かないと」

 いろいろ協力お願いね、と劉備は軽く頭を下げた。関羽はそれに慌て、張飛はにゃははと笑い、孔明は小さく微笑んだ。

 勝てる、と関羽は確信した。今回の連合軍こそが自らの主の名が高まる一世一代の好機だと信じて疑わなかった。

「朱里。軍師はお前と雛里に一任する」
「はわわ……責任重大ですね」
「なにか、今回の戦いにおいて言うべきことのようなものはあるだろうか」

 関羽はそう言ってから、顔を顰めた。抽象的過ぎたな。いうべきこと、と言われても急には思いつくまい。
 現に孔明は少し困った顔になった。ひょっとすれば、自分も今回の規模の大きな戦いに緊張しているのかもしれない。関羽はふう、と息を吐いて、孔明に対して軽く侘びでも入れようとして。

「―――そうですね。言うべきこと、とは違うかもしれませんけど、心構えのようなものならあります」
「心構え?」
「いつも通りにやる、ってことです。私と雛里ちゃんが策を作り、愛紗さんと鈴々さんが動けば、必ず勝利を導く自負はあります」
「変に動揺などするな、ということか」
「動揺もですし、勇み足を踏まず、短慮を出さないようにしましょう―――勝てそうだから、勝てる『流れ』だから、などを信じず、前に出すぎないように。私も気をつけます」

 孔明は少し笑いながら言った。流れなどはない、と断言するように。





 ―――張邈。

 張超は喋らなかった。自分の姉を見て、何も言うことなく黙りこくっている。
 見惚れている、というわけではない。姉の張邈は美しく、街の往来で初見の人間の目を必ずと言ってもいいほど引く人間だったが、妹の張超からしてみればもう数十年とみてきた顔である。そうではない。
 張邈は無表情だった。顔色をぴくりとも変えず、均整の取れた顔を保っている。それは彫像のようで、美術作品のようで、人間味がなかった。

「………………」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析