ハーメルン
真・恋姫†無双~程遠志伝~
黄巾討伐編 第二話




「立ち話もなんだから、店の中に入りましょう」
 
 曹操はそう言うと、今出てきた料理店に再び入り直した。え、と程遠志は思わず叫ぶ。こんな高い店に入るのか。 

「心配しなくても、お金くらいは私が持ってあげるわよ」
「華琳さま、このような輩どもにそこまでしてやる必要は―――」
「いいのよ、春蘭。彼、彼女らには頼みたいことがあるのだから」

 彼女、と呼ばれ、流し目で見られて、鄧茂は一瞬肩をビクつかせた。

「頼み事って何ですか?」
「そのことは中で、料理にでも手を伸ばしながら話しましょう」

 程遠志は嫌な予感がした。どうにもきな臭い。
 すぐにでもこの料理店から出るべきなのだろうが、悲しいかな、それはできない。曹操に逆らう気には、どうにもなれないからだ。

「おい、程遠志」夏侯惇がすっ、と寄ってきた。「お前、ちゃんと鍛えているか」
「ああ。鍛えてるよ」
「前みたいな酷い有様じゃ、お前のことを一生認めてなんてやらないからな!」
「前って。あの、お前と勝負した時のことか」
「そうだ。私から一本も取れなかった、あの時だ」
「お前には、俺は一生勝てない気がするんだけど」
「そんな思いでどうする! やる前から諦めるな!」

 夏侯惇はそう言ったかと思うと、程遠志の背中をばん、と叩いた。
 まるで飛び上がるような衝撃―――というか、実際に飛び上がった。人一人分くらいの距離を程遠志はその勢いのまま跳躍し、着地してつんのめった。
 くすくす、と夏侯淵が笑っている。こんな奴に勝てるわけねえだろ、と程遠志は呆れながら思う。

「まあよ、善処するよ」
「ゼンショ?」

 夏侯惇はその単語の意味が分からないらしく、その分からないことを察せられることも嫌らしく、微妙な顔のまま二、三度頷いた。

「うむ。ゼンショしろ」
「ああ」
「程遠志、お前も随分と姉者と仲良くなったな」

 小さな声で、背後から夏侯淵が話しかけてくる。
 夏侯惇にその言葉を聞かれれば「この男などと仲良くなんてない」と猛烈に否定し、程遠志に迷惑がかかるのではないか、と危惧してくれる程度には気を使ってくれていた。

「どこがだよ」
「私と同じで、姉者にも敬語を使っていないじゃないか」
「……お前と同じことを言われたんだよ」
「私と同じ?」

 夏侯淵は首を傾げる。こいつ、もう忘れたのか、と程遠志は少し腹を立てた。
 少し前―――程遠志が曹操に仕えるようになった初期に、夏侯淵は彼に一つ文句をつけてきた。「お前の敬語は気味が悪い」「もっと、自然に話すようにしろ」と。
 それと全く同じことを、夏侯惇にも言われた。ただそれだけの話である。
 夏侯淵に程遠志がそう伝えると、「ああ」と言って手を打った。心なしか顔が笑っている。

「姉者と同じ、というのはいいな」
「何がだよ」程遠志は呆れた顔になる。「俺からしてみたら、お前ら姉妹に敬語をケチつけられただけだぞ。なんもよくねえ」
「姉者は可愛いからな。それに免じて許してやってくれ」
「どういうことだっつーの」

 程遠志は、にやにやと笑う夏侯淵を尻目に軽く肩をすくめた。
 そんなことをしながらも、料理店の店員に案内され、席につく。鄧茂と張曼成は明らかに舞い上がっていた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析