ハーメルン
旅人提督in R18
赤城

次の艦娘は、と。

3:赤城

おー、赤城か。

うんうん、赤城なら、見た目成人だし。

セックスしても良いかな。



「今夜、伽をさせていただきます、赤城です」

「おう、よろしく」

「では……」

衣服である艤装を消す赤城。

膨れた腹、大きなお尻と胸、だらしのない二の腕……。

「痩せてねーじゃねーか!!!」

「うううううー!!ごめんなさいーーー!!」

ちなみに下着は褌だった。

君ってやつは。

「全く……」

取り敢えず赤城の魅惑の駄肉を揉む。おおお、ふっくら柔らか温かい。

「や、やぁ、お腹のお肉、揉まないで下さいぃ……」

「赤城は悪い子だなぁ。駄目だぞ、こんなお肉つけちゃあ」

「駄目じゃないですぅ、ご飯が美味しいのが悪いんですぅ……」

この食いしん坊め。体重は増える一方だ。健康に悪いだろうに。ダイエットが急務だな。

「さあ、ダイエットだ、よがり狂えよ」

「ひゃああああん❤︎」

仕方ない、汗をかけば少しは痩せるだろう。体力を使わせなきゃな。と、思い、赤城のぽってりとした乳を引っ張り上げるかのように揉む。

「いひぃい、あはぁ❤︎❤︎❤︎」

おお、手から溢れる。中々の巨乳だな。

「ほら、もっとだ」

「あああああぁ❤︎」

股座から淫液を垂らす赤城。んー、よし。

「よいしょっと」

「な、何を?」

「舐めるんだよ」

赤城まんをな。

「そ、そんなところ、汚いですか、ら、あひぃぃ❤︎❤︎❤︎」

よくある言葉だが、赤城に汚いところなんてないさ。そう告げて、赤城の女性器を舐め上げる。

「あっ、ひぃ❤︎ら、らめれすぅ❤︎❤︎❤︎」

「喜んでるくせに」

下のお口は正直だぜ!

とめどなく愛液が溢れるそこに、何度もキスをする。

「ひぃ、あぁあ、らめなんりぇすからぁ❤︎❤︎❤︎」

「ここをこんなにして……」

ぷっくりと、充血したクリトリス。

「何が駄目なんだ?」

ちゅう、と、音を立てて吸ってやる。

「いひぃい❤︎❤︎❤︎イグっ、イっちゃいましゅう❤︎❤︎❤︎」

すると、赤城は、無様にイった。

うーむ、しかし、赤城のクリトリスは少々大きいな。

赤城の女性器から口を離し、片手でクリトリスを弄びながら尋ねる。

「赤城、ここ、随分と大きいじゃないか。一人でするときに、弄ってるな」

「は、はいぃ❤︎赤城はぁ、提督を想って自慰をするとき、そこを弄りますぅ❤︎」

「エッチな子だな、赤城は。誇り高き一航戦なのにな」

ついつい言葉責めしちゃう。やっぱり俺は少々Sっ気があるな。

「やぁん❤︎言わないでぇ❤︎」

まあ、赤城も悦んでるし、良いんじゃね?SMプレイはお互い幸せになれるかどうかが大事だ。

「んっ❤︎提督❤︎提督も、気持ちよくなって下さい❤︎」

と、赤城は、俺の股間に手を伸ばす。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析