ハーメルン
イビルアイが仮面を外すとき
ツアー、旧友が来訪する

 その日、彼はいつものように、ここ数百年ほど自分の塒にしている気に入りの場所で微睡んでいた。

 この数年間というもの、彼は常に自分の意識を飛ばして、この世界に既に来ているかもしれないプレイヤーの影を探していた。彼が以前遭遇した邪悪な雰囲気を纏った吸血鬼は、あの後いくら探しても姿を見つけることはできなかった。しかしそれとは別に、明らかにプレイヤーと思われる存在が強大な魔法を行使し国を立ち上げたことには気がついていた。

(あの存在も正直、邪悪な部類に属する存在だと思っていたのだけれど) 

 しかし、ツァインドルクス=ヴァイシオン、またの名を『白金の竜王』とも呼ばれる、が観察する限りその存在は完全な邪悪とも思えないのだ。

(少なくとも『彼』が今現在作り上げている国の在り方からして、法国とは相反する主義の持ち主みたいだし、八欲王のように自分の利益だけを求めて周辺諸国を蹂躙するわけでもないし、武力だけに頼ることもしていない。恐らく『彼』がその気になれば、この世界などあっという間に滅ぼせるくらいの力は持っているはずなのに……)

 ツアーは首を傾げる。

 あの存在については正直わからないことばかりだ。これまでのプレイヤーとは違い、特定の種族に肩入れすることもなく、無差別に何かを仕掛けることもない。

 しかし、既に小国とはいえ一国を建国し、帝国は完全にその属国になってしまっているし、王国や聖王国にも少なからぬ影響を及ぼし始めているようだ。おまけにこれまで統制のとれていなかった亜人種や異形種なども、それなりの数の部族を秘密裏に支配下に置いているらしい。さすがに、そろそろ評議国としても、そして世界の『調停者』としても、真剣に対応を考えなければいけないだろう。

(リグリットはあの後ここに来てくれてはいないけど、少しはユグドラシルのアイテムの情報は手に入れられたのだろうか? このギルド武器を使うことは僕にはできないし……)

 親しい友人のことと、自分が守っている貴重な宝のことを少しの間考え、それからまた『彼』について思考を戻す。

(ようやく『彼』のギルド拠点らしきものは見つけたけれど、彼らは一体どの程度の戦力なのだろう。恐らく、以前出会ったあの吸血鬼は『彼』の仲間なのだろうけど、そもそもあの吸血鬼はプレイヤーなのか、それとも従属神なのか?)

 彼らは自分たちの情報が外に漏れることを極端に警戒している、とツアーは思う。

 これまでツアーは何度もプレイヤーと対峙してきたが、今回のようなケースは初めてだった。大抵は、自分たちの力がこの世界では非常に強いことに気がつくとその力を誇示し、良きものなら世界を救い、悪しきものなら世界を滅ぼそうとする。そして、多かれ少なかれ、この世界に大いなる希望か絶望をもたらすのだ。突然一人きりで見知らぬ世界に降り立ち、混乱し、逆にひっそりと隠遁生活を送ろうとするものもいなかったわけではないが、それはそれでかなりの稀なケースだ。

 なにしろ、プレイヤーという存在は、この世界から見ればまさに神に等しい力と、強力な魔法が込められたアイテムを複数持っているのが当たり前なのだから。力に溺れない方がおかしいのだ。

(『彼』がこの世界にとって良い存在だとはっきりわかればいいんだけど……)

 ツアーはそう考えてため息をつく。それを知るには、やはり本人と直接対峙して対話するしかないだろう。少なくとも相手はある程度は良識的に振る舞ってはいるようだから、評議国、そして『白金の竜王』から正式に対話を申し出れば、拒むことはないように思われる。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析