ハーメルン
イビルアイが仮面を外すとき
2: 王国の暗雲

 蒼の薔薇がエ・ランテルを訪問してから、もうすぐ一年が過ぎようとしていた。

 当時、崩御されたという噂が流れた魔導王は、復活して聖王国でヤルダバオトと再戦し、メイド悪魔を従属させ、見事魔皇を打ち倒して国に帰還している。聖王国ではまさに英雄だと称える声も多いらしい。もっとも、当の聖王国では新聖王カスポンドが主軸となって国の立て直しを図っているが、元から軋轢のある北部と南部のいざこざで、思うように進めることが出来ていないようだ。

 通い慣れた道を歩きながら、イビルアイは今の王都の風景を眺めた。

 イビルアイは、二百年前のまだ建国したばかりの頃の王都の様子を覚えていた。あの時は、新しい王を賛え、新しい国を歓迎する声で王都は溢れていた。魔神によって完全に蹂躙されつくした国土を、王も貴族も民も力を合わせて復旧させようとしていたのだ。それなのに、今はどうだろう。道行く人の顔は疲れ切っており、荒んだ雰囲気がそこかしこから感じられる。あの時の生き生きとした面影は何処にも残されてはいない。

 しかし、それも仕方がないことだろう。何しろ、今の王国は圧倒的に様々な物資が不足している。物価は上がるばかりで庶民の生活は苦しくなる一方だ。去年の冬も酷いものだったが、それでもかろうじて乗り切ることはできた。だが今年の冬に関しては、もはや神のみぞ知るといったところだろう。収穫が期待できない耕作地を捨て、都市のスラム街に流れ込む人々も多い。表面上はまだ落ち着いているように見える王都だって、少し裏の方に行けば、仕事も食べる物もほとんどない貧民達が道端で大勢暮らしている。皆、悪化するだけの現状に絶望しきっているのだ。

(どうして、王国はこんなに上手くいかないんだ? 同じ人間同士だというのに……)

 蒼の薔薇は、ラナーの依頼で王都周辺の村々の治安維持に赴くことがあるが、そのたびに、イビルアイは王国の現状と、魔導国の現状を見比べないわけにはいかなかった。

 人間は儚く脆い種族だが、だからこそ持ち得る素晴らしい面がたくさんあるとイビルアイは思っている。それは、自分自身が失ってしまったものだからこそ、よりそう思うのかもしれない。だが例え一人一人が弱くとも、仲間を思いやったり助け合ったりして大きな力を発揮することの素晴らしさを、イビルアイは愛していた。それが、イビルアイが実力差があるにも関わらず、蒼の薔薇として活動する大きな理由の一つでもあった。

(しかし、今のこの国の現状はどうだ? どう見ても、人間が人間を滅びの道に導いているようじゃないか……)

 もし、この国を『彼』が導いてくれたなら、そんな問題はあっさり解決してしまうかもしれないのに。イビルアイはふとそう思ってしまう自分に気が付き苦笑いする。そして、そっと自分の左手の薬指に嵌められている宝物を優しく撫でた。

 そんなイビルアイの様子に目ざとく気がついたのか、すかさず、ティアが突っ込みをいれる。

「イビルアイ、また触ってる。そのうち触りすぎて指輪が減る」
「べ、別に、そんなに触ってない!!」

 慌てて指輪から手を離すが、それを様子を見ていた蒼の薔薇は楽しげな笑い声をあげる。

「イビルアイはいつも幸せそうでいいよなぁ。俺にも今度モモンを少し分けてくれよ。俺の勘じゃ、あいつは多分童貞だ」
「な……なんてことを言うんだ! ガガーラン、絶対に、絶対にそんなことごめんだからな!?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析