ハーメルン
イビルアイが仮面を外すとき
4: 闇にうごめくもの

 レエブン候との会談を無事に終えたラナー達は、帰り道も余計な寄り道をすることなく馬車を走らせ、無事に王都に帰還した。

 蒼の薔薇とは馬車の所で別れたラナーは、その足でクライムだけを連れてザナックの部屋へ向かった。ザナックの部屋の前には、護衛の騎士が二人立っていたが、ラナーの姿を見て丁寧に礼をした。

「お兄様に帰還のご報告に参りました。取り次いでいただけますか?」
「はっ、王女殿下、少しお待ち下さい」
「クライム、貴方はここで待っていてくださいね」
「はい、ラナー様」
 クライムは頷いて、扉の脇に控えた。

 騎士の一人が扉をノックし、ラナーの来訪を告げる。やがて、中からメイドの一人が現れラナーにお辞儀をして部屋の中へと案内した。

「ザナック王子殿下、ラナー王女殿下をお連れいたしました」
「うん、わかった。お前は下がれ」
「はい、失礼致します」

 メイドが部屋から出ていくのを見送った後、ラナーはザナックに優雅にお辞儀をした。

「お兄様、只今エ・レエブルから無事に帰還いたしました」
「ああ、無事に戻ってきてくれたようで嬉しいよ、ラナー。それで、首尾はどうだったんだ?」

「はい、レエブン候もさすがに王国の窮状には心を痛めていらしたご様子で、なるべく早めに王都に戻られるそうです。長い間王都を不在にしたことをお兄様にお詫びしたいと、仰っておられましたわ」
「そうか! レエブン候がようやく戻ってきてくれるか……。さすがはラナーだな。あのレエブン候を説き伏せられるとは。しかし一体どうやったんだ? 何か魔法でも使ったのか? 俺は、正直、頷いてくれるとは思っていなかったのだが……」

 王都で一人奮闘していて緊張気味だったのか、少し青ざめた顔をしていたザナックも、ラナーの言葉で安心したのだろう。多少頬に赤みが戻ってきた。

「別に魔法など使っていません。普通にお願いしただけですよ」
 ラナーは穏やかに答えた。

「はは、そうなのか? まあいい。ともかく、ラナー、全てお前のおかげだ。本当に感謝する。これで王国も少しは持ち直すかもしれない。これからも宜しく頼む」

 ザナックがラナーに差し出した右手を、ラナーも柔らかく握り返す。

「ふふ。もちろんですわ。お兄様があの約束を守ってくださっている間は、私も協力は惜しみません。ところで……魔導国に何か動きがあったのではありませんか?」

 ラナーは少しだけ小首を傾げる。ザナックはその言葉で一瞬顔を引きつったように歪ませたが、すぐにいつもの顔に戻ってため息をついた。

「もう、お前の千里眼には慣れたよ、ラナー。お前がレエブン候のところに行っている間に魔導国から使者が来た。親父への見舞いの品を贈る使者を送るそうだ。一週間後に王都に到着するらしい」
「あら、別に千里眼という訳ではありませんよ。ただ、そろそろいらしてもおかしくない、と思っていただけです。それで、魔導国からはどなたがいらっしゃるのですか?」

「前回同様、宰相アルベド様だそうだ。式典にはさすがに今回は親父が出席できる状態ではないから、お前とレエブン候に頑張ってもらわないとな。でないと、あの馬鹿共が何を始めるかわからん。できれば、あの連中は公の式典から排除したいところだが……」

「あそこまで勢力が大きくなってしまうと、それは難しいでしょうね。必要最低限の相手には招待状を送らざるを得ないでしょう」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析