ハーメルン
イビルアイが仮面を外すとき
7: それぞれの思惑

 ヴァランシア宮殿にある会議室では、ザナックと有力貴族達が必死に対応を協議していた。

 机の上には、王都の大きな地図が広げられ、暴徒に破壊された地区や、現在進行中の地区、それに対応させる部隊配置などを協議していたが、暴徒の行動は思っていたよりも統率が取れており、素早い行動に対応は後手後手に回っていた。

「どういうことだ。ただの暴徒ならここまで効率的な行動は取れないはず……」
「恐らく、裏からか表からかはわかりませんが、暴徒を指揮している者がいるのでしょう。そうでなければ、このような行動は取れません」
「裏から誰かが糸を引いているということか」

 ザナックとレエブン候の頭には、やはり背後にいるのは八本指か、という考えがよぎるが、理解できないのは、八本指が王都を殲滅させることのメリットだった。彼らとしては、これまで同様、王国を生かさず殺さず保っている方が、利益が転がり込むはずなのに。

「まさかとは思いますが、更に裏の裏という存在がいる可能性すらありますな……」
 レエブン候は苦々しげに呟く。

 次から次へと現状を告げる兵士がやってくるが、そのどれもが、更なる状況の悪化を告げるものだった。

「ラナーはまだ見つからないのか!?」
「蒼の薔薇の皆様は、探しに出て行かれたまま、お戻りになっておりません」

「冒険者組合長はどうした? まだ呼び出しには応じないのか!?」
「それが……、冒険者組合長は、今回の事態はヤルダバオト事件とは違い、国政にあまりにも密接に関係している事件であり、尚且つ相手が同じ王国民であることから、何回要請されたとしても手出しすることはできない、と。そればかりか、冒険者達には、率先して王都から退避するよう勧告を出しているようです」

「くそ!!」
 ザナックは思わず机を叩きつける。しかし、そのザナックを笑える者はこの場所にはいなかった。皆一様に、もたらされる知らせの数々に顔面蒼白となっている。

 報告の状況をそのまま信じるなら、現在、王都の三十%が壊滅状態となり、死傷者は王都の全人口の二十%にも及ぶ惨事となっている。かのヤルダバオト事件どころか、カッツェ平野の大虐殺を超える死傷者を出すに至っていた。このままでは、事件を沈静化することなど不可能だろう。

「……。ザナック殿下。そろそろ決断の時間かもしれませんな」

 そんなザナックの様子を見ていたレエブン候は、おもむろに切り出した。候が何を言おうとしているのか、察したザナックは、悔しげに顔を歪める。しかし、二人が何の話をしているのかわからない有力貴族達は首を傾げた。

「レエブン候、どういうことなんだ?」
「何か良い方法でもあるのか?」

「皆様方。わかりやすく申し上げれば、王国を守るために魔導国に恭順するか、もしくは、このまま王国と共に心中するかを選ぶ時だ、ということですよ」

「な、なんだと!? そんなことが受け入れられるはずもないだろう? 気でも狂ったのか、レエブン候!?」
「全くだ。まさか、レエブン候、王国を魔導国に売ろうと画策していたわけではあるまいな!」
「それでは、魔導国に王国を侵攻する口実を与えるだけではないか!」

 一斉に口を開いて騒ぎ立てる貴族達の顔を、レエブン候は冷ややかに眺めた。

「では、皆様方は、他に何か良い方法があるとでも? もちろん、打開策があるのであれば、それに越したことはありませんが」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析