ハーメルン
イビルアイが仮面を外すとき
8: 神の降臨

 ロ・レンテ城の城門前にある広場には、既に多くの民衆が集まっていた。雨は土砂降りになっているが、民衆はずぶ濡れになりながらも、その意気は衰えてはいなかった。

 兵士達は城門前に半径三十メートル程の空間を確保するべくバリケードを築いており、暴徒は松明を振りかざしながら、それに罵声を浴びせかけている。

 ブレインは、孤児院の子ども達を守りつつ、何とか近くまでやってきたものの、この様子では城内に逃げ込むことが困難であることに気が付き、舌打ちをする。

(こんなことなら、大人しく王都から脱出した方が良かったかもしれんな)

 ブレインは、肩に担いでいた子どもをそっと下ろして、周囲にいる子ども達の様子を確認する。この酷い雨の中、暴徒を避けながら逃げてきた子ども達の体力は既に限界に近い。本当なら、早く屋根のあるところで休ませないといけない状態だ。全く、こんな状態の王国を残して、自分だけ先に死んでしまったガゼフ・ストロノーフを思い出して悪態をつきたい気持ちでいっぱいになるが、今はそんな暇はない。ともかく、せめて自分が助け出せたこの子ども達だけでも生き延びさせなければいけないのだ。

 その時、兵士達が王城前でザナック王子が国民と対話を望んでいる、だから、お前達も一旦落ち着くように、と繰り返し叫んでいるのが聞こえてきた。

 ということは、ザナック王子他、王国の首脳陣がそのうちこの場に出てくるのだろう。それなら、しばらくすればこの騒ぎも無事に収まる可能性がある。ブレインは、ザナック王子にそれほど好感を抱いているわけではなかったが、ガゼフが以前ザナック王子に対する認識を改めた、と話していたことは覚えていた。あの侠気溢れるガゼフの言葉なのだから、恐らくそう間違えたことを言っているわけではないだろう。少なくとも、直接対話をしようとするその心意気は評価できる。

 ブレインは周囲を素早く見回して、比較的城壁に近く、暴徒から少し距離のある場所を選んで、そこに子ども達を誘導した。

「いいか。お前達はなるべくここから動くな。下手に動くと死ぬぞ。ラナー王女に会えれば、お前達は無事に保護されるはずだ。だから、それまであと少しの辛抱だ。いいな?」

 子ども達は、敬愛するラナー王女の名前を聞いたせいか、怯えながらも健気に頷き、その場に寄り添うようにして立っている。

「よし。良い子達だ。なに、心配しなくても、お前達はこの俺が命にかけても守ってやる。暴徒をお前達に近寄らせるようなことは決してしない。だから安心しろ」

 ブレインは不敵に笑うと、近くにいる子ども達の頭を撫で、背に庇うようにして暴徒との間に立ちはだかった。

 やがて城門が開き、近衛騎士の一団がバリケードの内側を固め、馬に乗ったザナック王子とレエブン候、そして数人の有力貴族達が姿を見せる。ザナック王子はヤルダバオト事件の時に着ていた鎧ではなく、王子としての礼装を纏っている。レエブン候のすぐ後ろには、落ち着かない様子の白い鎧を纏ったクライムも付き従っている。

「静粛に! これから、ザナック殿下よりのお言葉がある!」

 声を張り上げるレエブン候の鋭い目つきに、一瞬民衆はたじろいだかのように見えたが、やがてすぐに罵声が上がる。石を投げている者もいる。

「……殿下、このまま前に出られるのは、少々危険かもしれません」

 レエブン候が暗に対話を取りやめることを勧めていることにザナックは気がつくが、ザナックはにやりと笑って答えた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析