ハーメルン
イビルアイが仮面を外すとき
最終話: 二人の約束

 アインズはデミウルゴスから最終作戦開始の報告を受け、〈転移門〉を使用して王都に移動してきていた。

(この作戦は聖王国と違って俺がやることは少ないから、どちらかといえば楽だよな)

 以前王都に来た時は、結局ゲヘナの対応だけしか出来ず観光する余裕はなかったので、今回は少しくらいは王都を見物しようと、アインズは密かに目論んでいた。
 
〈不可知化〉した下僕達と共に、アルベドから作戦実行の合図が来るまで、上空から王都の状況をゆっくりと見回す。

 降りしきる雨の中、あちこちから火の手が上がり、人々が逃げ惑っている。

 その様子を、特に感慨もなくアインズは眺めていた。

(聖王国は、デミウルゴスの仕込みで亜人が襲っていたけど、王国は、国民同士で争うようにしたのか。どうやったのかは知らないが、アルベドとデミウルゴスが考える作戦は結構えげつない気もするなぁ。やはり、悪魔という種族の本質のせいなのか?)

 アインズ自身も人間に対する同属意識などは殆ど残ってはいない。だから、人間達が殺し合うことも、その結果大勢の死傷者が出ることにも、それがナザリックの利益になるのであれば、特に文句を言うつもりはないし、自分よりもずっと頭のいい二人が考えた作戦なのだから、これが最良なのだろうとも思う。

 しかし――。

 アインズの鋭敏な聴覚は、眼下の人々が上げる怒号や悲鳴の中に、子どもの泣き声が僅かに混じっているのに気がつく。

 ――あの時も、こんな雨の日だったか?

 今はもう、微かにしか感じられない鈴木悟の残滓が、何かを伝えようとしている気がする。

 ――遠い昔、母を喪って一人きりになったあの時。
 ――いや、自分は泣いたわけではなかった。
 ――たった一人で、雨の音を聞きながら、ただうずくまるだけだった。
 ――本当は泣きたかったのかもしれない。だけど……。
 ――泣けなかったんだ……。

 その時、アインズは、破壊された王都の通りの片隅で、雨に濡れて立ち尽くす幼い頃の自分の姿を幻視した。

 本来なら、部下が成功させようとしているプロジェクトに横槍を入れるのは、上司としては失格だろう。時間をかけて練り上げた作戦なら尚の事だ。しかし、今のアインズにとって、王国で行われていることは少しばかり不快だった。

(何なんだろうな。聖王国でも似たようなことが行われていたというのに。俺はどうしてこんな風に感じてしまうのだろうか)

 アインズは自分でも説明できない心境に少し苛立つ。しかし、どうにも一度覚えた理由のない不快感を拭うことはできなかった。

「……デミウルゴス」
 アインズは、傍らに控えている忠臣に声をかけた。

「アインズ様、どうかされましたか?」
「アルベドからの連絡はまだ来ているわけではないが、もうそろそろいいのではないか? 下で起きている騒ぎを収めよ。私は、無益な殺戮はあまり好きではない」

 アインズの言葉を聞いたデミウルゴスは一瞬目を見開いたように見えたが、すぐに頭を下げた為、その表情はアインズにはよくわからなかった。

「畏まりました。では、アルベドにそのように連絡を入れ、最終段階を開始いたします」
「うむ。頼んだぞ」

 デミウルゴスは特に異を唱えることもなく、恭しくお辞儀をする。そして一足先に、黒い翼を広げて城壁に近いところまで降りていく。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析