ハーメルン
イビルアイが仮面を外すとき
2: 青の薔薇、魔導国を訪問する

 ロ・レンテ城でのラナーとの会談から戻ってきた蒼の薔薇は、宿屋で早速荷造りをし魔導国に向かうことにした。

 真の目的は魔導国の現状調査であるとはいえ、建前上は王国の使者として向かうのだから、魔導国に多少思うところがあったとしても決して失礼があってはならない。ラキュースは気を引き締め宰相アルベドとの謁見も考慮し、いつもの装備も念入りに手入れをする。

 そして、後ろから聞こえてくる奇妙な鼻歌を耳にし、少し顔をしかめた。

(……イビルアイ、本当に連れて行って大丈夫なのかしら?)

 他のメンバーもそう思っているのだろう。微妙に生暖かい目でイビルアイをちらちらと見ている。

「〜〜♪♪」

 そんな仲間の様子に気づくこともなく、イビルアイは半分呆けたような表情で、どうみても今回の依頼とは関係のなさそうな派手な服を広げてみたり、どこで手に入れたのかわからないような怪しげな形状の瓶を取り出して眺めたり、かと思うと急ににへらと笑って歌いだしたり、正直どうみてもまともな状態には見えない。いつも冷静にパーティーをサポートしてくれる蒼の薔薇が誇る頼もしい魔法詠唱者としての面影はどこにもなかった。

 そう。イビルアイは完全に浮かれていた。

 ようやく、愛するモモン様に正式に会いに行く口実が出来たのだ。

 これまでイビルアイはエ・ランテル行きを他のメンバーに何度となく打診し、説得しようと試みていた。蒼の薔薇全員が難しいならせめて自分ひとりだけでも、と。自分は転移魔法が使えるし、一度転移先の確保さえすれば、あとの行き来はイビルアイ一人だけならあっという間にできる。それなのに、ラキュースも他のメンバーも頑として頭を縦に振らなかった。

 だが、ラナーからの依頼とあらば話は別だ。いつもは腹が立つこともあるラナーだが、今回ばかりは救世主のようにも見える。

(今、魔導王はエ・ランテルにはいないらしいし、モモン様を魔導王の支配から解放する絶好のチャンスじゃないか?)

 イビルアイは、愛するモモンを恐ろしい魔導王の魔の手から必死に救出する自分の姿を思い浮かべ、さらにモモンがイビルアイに跪いて感謝のキスをし、結婚を申し込むところまで幻視する。

(あああ、モモンさまぁ……、結婚なんて、まだ早すぎますぅ!)

 しかも、非公式とは言え宰相に会いに行くということは、もしかしたら、謁見の場にモモンもいるかもしれない。そうでなくても、魔導国の調査中に何らかの形でモモンに出会える可能性は非常に高いだろう。

「あぁ、モモン様に最後にお会いしてから一体何ヶ月経ったんだろう? まさかと思うが、私のことを覚えていなかったり……いや、そんなことはない! あれだけ印象的な出会いをしたんだ! 私達はまさに吟遊詩人が詠うところの運命の恋人なのだ!」

 一人で盛り上がっているイビルアイに、残りの蒼の薔薇のメンバーはため息をつく。

「だめね、あれは」
「完全に舞い上がってる。ふわふわ宙に浮いてる。十メートルくらい」
「ガガーランが頭を叩けば正気に戻るかも?」
「いや、無理だな。まぁ、ずっと我慢してたんだから仕方ないのかもしれんが……」

「……ともかく、今回は、イビルアイはなるべく戦力に数えない方がいいかもしれないわね」
 諦めたようなラキュースの言葉に、残りの三人は深く頷いた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析