ハーメルン
イビルアイが仮面を外すとき
4: イビルアイ、恋に悩む

 翌日、蒼の薔薇のメンバーはエ・ランテルから王都へと戻っていった。

 イビルアイは他のメンバーを見送ると、偶然モモンと出会えることを願って、街の市場をうろついたり、冒険者組合を覗いたり、ダメ元でモモンの館に行ってみたりもしたが、やはり、今日もモモンとは会えそうもない。

 せっかく仲間から数日の猶予を貰ったものの、何の成果も得られなさそうな自分に落ち込んだイビルアイは、夕方になる前に宿に戻り、部屋に引きこもった。

「本当に馬鹿だな、私は……」

 ベッドに潜り込んで、自嘲するように呟く。

 今まで長いこと生きてきて、たくさんの人の恋愛相談に乗ったりしたけれど、まさか自分が恋に雁字搦めになって動けなくなるようなことになるとは考えたこともなかった。

「恋愛って、なんて甘くて苦くて切ないものなんだろう……。そして、まさかこんなに辛い思いをするものだなんて、私は知らなかった……」

 私は、ただ、モモン様に一目会って、話をして、そしてこの気持を伝えたい。それだけなのに……。

 イビルアイも馬鹿ではない。ここまで会えない以上、モモンに避けられている可能性だってあることには気がついていた。

 先日の謁見の場で、モモンは間違いなくイビルアイの姿を見ているはずだが、彼は自分に対して何の反応も見せなかったことも気にかかる。

 実を言えば、イビルアイは、モモンがもう少し違う反応をしてくれることを密かに期待していた。

 最もあのような場で、個人的な感情を露わにすることは出来ようはずもないことだから、それだけでモモンがイビルアイを無視したということにはならないだろう……。しかし、イビルアイがエ・ランテルにいることを知っているのは間違いないのだから、彼の方から何らかの連絡をくれたっていいはずなのだ。

 イビルアイは、王都で、突然モモンが空から降ってきて、自分を守ろうとしてくれた時の衝撃を思い出す。そして、ヤルダバオトからの攻撃から庇うように自分に向けた大きな頼りがいのある背中も、まるでお姫様のよう……な感じではなかったけれど、自分を守ろうとして抱き上げてくれたことも。

 あの時、私は、モモン様が間違いなく私の運命の人だと思ったけれど、モモン様にとっては、私はただの通りすがりのつまらない女で、たまたま困っているところを見かけたから助けてくれただけだったのかもしれない……。

(私なんて、はじめからお呼びじゃなかったのかもしれないな。そんな風に思っただけで胸が苦しくてたまらなくなるけれど)

 なにしろ、彼は誰から見ても素晴らしい英雄だ。もちろん自分だって引けをとらないとは思ってもいるけれど、王都のヤルダバオトとの戦いでは共に戦ったとはいえ、自分の力などモモンにはあってもなくても特に変わりはないくらいの実力差があったことはイビルアイにだってわかる。

 その上、モモンには自分と同じくらいか下手をするともう少し強いかもしれない美姫ナーベというパートナーもいる。それに、先日会った魔導国の宰相という女性もとんでもない美人だった。あの二人と比べると、自分は少なくとも見た目で勝てる自信はない。

(仮面を外せば、私だって少しは見られる顔だとは思うんだがな……。でも、この仮面を外せば……私が人間ではないことがバレてしまう……)

 彼に自分がアンデッドだと知られる。そう思っただけで、心の中が凍る気がする。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析