ハーメルン
イビルアイが仮面を外すとき
5: アインズとイビルアイ、デートをする

 翌日のエ・ランテルはまさにデート日和といってもいい素晴らしい天気だった。

 イビルアイは、結局昨夜はどうしても気分を落ち着けることができず、ベッドで一晩中ひたすら悩んでいたのだが、夜明けとともにベッドから出ると、これまでのエ・ランテル滞在中に入手したまさに対モモン様用決戦装備とでもいうべき服を何着か鞄から取り出す。

「こっちかな……、でも、やっぱりモモン様の隣に並ぶんだからやっぱりこっちの赤いやつの方が……」

 散々悩んだ後、結局いつも着ている赤いローブによく似た、赤いフリル付きのワンピースに着替える。そして、鏡とにらめっこしながら、髪を櫛で何度も何度もとかし、自慢の金色の髪がふんわりと顔を包むように整える。それから、おまじないのつもりで持ってきた怪しい形状の瓶をとりだして、魅了効果があるという話の香水を少しだけつけてみる。

(本当にそんな効果があるのかどうかはわからないが、こういうのは、気分の問題だからな……)
 その香水はほんのり甘く香り、イビルアイは少しくすぐったい気持ちになる。

 散らかった服と瓶を鞄にしまい、ワンピースの皺を軽く整える。

「……モモン様、綺麗っていってくれるかな……」

 鏡の中では、赤く輝く瞳も美しい一人の吸血姫が、その髪と瞳によく映える洒落た服を着て微笑んでいる。

(これなら絶対大丈夫。勇気出せ、キーノ・ファスリス・インベルン!!)
 パンパンと音をたてて頬を叩き、自分自身を鼓舞する。

「……なんか、これから本当に負けられない戦いに行くみたいだな」
 これから会うのは敵ではなく、自分が恋する相手だというのに。イビルアイは思わず苦笑する。

 それから鏡の前に置いてあったいつもの仮面を手に取る。
 なぜか、普段は自然と身につけるそれが、今日はひどく忌々しいもののように感じる。

 イビルアイはしばらくそれを睨みつけた後、結局ため息をついていつものように仮面を被る。

 部屋の窓から外を見ると、既に街の往来を人々が闊歩している様子が見える。

 まだ約束の時間まではかなりあるが、少し街の中をぶらぶらして心を落ち着けたほうがいいかもしれないと思い、イビルアイはエ・ランテルの街中へ向かうことにした。


----


 エ・ランテルの街は、イビルアイが初めてエ・ランテルにやってきた時と同様に賑わっている。

 相変わらず、本来はとてつもなく強力なアンデッドであるソウル・イーターが引く馬車がのんびり走り、どこかに向かうらしいエルダーリッチがすぐ側を通り過ぎても、街を行き交う人々は、全く動じる様子もなく談笑しながら歩いていく。

 空を見上げれば、ドラゴンが背中に何かを載せ、大きく羽を広げて遠くの方に飛んでいくのが見えるし、道端では、見たこともない巨人が大きな石を運んで歩いている。その脇ではドワーフと人間がスケルトンに指示を出しながら一緒に少し崩れた道路の補修をしている。

 街の中をゆっくりと歩きながら、イビルアイは考える。

 以前は、モモン様を無理やり配下にしたと聞いて、強大なアンデッドである魔導王に対しては憎しみに近い感情しか抱いていなかった。本当は自分だってアンデッドなのだけれど、自分は元々人間だったという思いが強いせいか、アンデッドに対してよりも人間に対してより強く親しみを感じてしまっている。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析