ハーメルン
私が希望ヶ峰学園から出られないのはモノクマが悪い!
第1章・イキキル 前編①

「あぁ?動機だぁ?何、ふざけたこと言ってんだ、てめーは!?」
「ぷぷぷ、それは、見てからのお楽しみ!視聴覚室にレッツゴー♪」

詰め寄ろうとする大和田君を前に、
モノクマは、笑いを堪えながら、床下へと消えていった。
場を静寂が支配する。
私達が監禁されてから、およそ一週間を過ぎた、今日。
とうとう、モノクマ側から、アクションを起こしてきたのだ。

一体、何が起きるの…?

そんな私の心を共有するかのように、誰もが口を開くことなく、
ただ、その場に立ち尽くしていた。

「行きましょう。ここで黙っていても仕方ないじゃない」

最初に発言し、動いたのは、霧切さんだった。
視聴覚室に向かって、ひとり歩き始めた。

「そ、その通りだ!みんな、視聴覚室に行こう!」

霧切さんの声で、我に返ったのか、石丸君が声を上げ、みんなもその声に従う。
こうして、私達、16人、全員が視聴覚室に移動することとなった。



◆  ◆  ◆



視聴覚室につくと、ドアはすでに開かれていた。
モノクマか、先に行った霧切さんが、開いたのだろう。

「いまさら、こんな所に何があるってんだよ…て、オイ、何かあったぞ!?」
「机の上に、ダンボールがあるな」
「何だろうね、さくらちゃん?」

最初に部屋に入った桑ナントカ君が、大げさに自分で自分にツッコミを入れた。
どうやら、何かあったようだ。
それが何であったかは、大神さんと朝日奈さんの発言の後、すぐにそれを目にした。

「やっと、来たようね」

ダンボールが置かれた机のすぐ側に霧切さんが立っていた。

「霧切さん…それは?」
「さあ、何かしらね…?でも、おそらく…」

不安そうに問いかえる苗木に対して、彼女は目を合わせることなく、
ダンボールに手を入れた。

「これを見れば、分かるかもしれないわね」

彼女の手には、DVDが入ったケースが握られていた。
そのケースには「霧切響子様」と書かれた白いラベルが貼られていた。

「ククク、どうやら、その中に、モノクマが言うところの『動機』とやらが入っているらしいな」

十神白夜が、肩を震わしながら静かに笑った。

「何!?そーだったのか!?」
「察しろ…アホ」

十神君の発言に石丸君が驚愕し、大和田君が、それを見て汗を流す。

「ヌヌヌ…確かに、この視聴覚室なら、そのDVDの中身が見れますな」

山田君が汗をながしながら、メガネがをかけ直す。

「な、何があるのかなぁ、こわいよぉ…」

不二咲さんが、生まれたての子鹿のように震えている。
相変わらずこの子は、可愛いな。

「で、では、みんなで一緒に見ましょうか…?それでいいですよね?」
「うふふ、どうやら、それ以外の選択はなさそうですわね」

舞園さんの提案に、セレスさんが同意した。
確かに、この流れでは、それ以外の選択はなさそうだ。
モノクマの言う「動機」とやらも、十神君が言うように、そのDVDの中に
入っているはずだ。
ケースに名前がついているということは、DVDはそれぞれ別の内容である可能性が高い。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析