ハーメルン
私が希望ヶ峰学園から出られないのはモノクマが悪い!
第1章・イキキル 前編②

超高校級の“アイドル”舞園さやかさん。
国民的アイドルグループのセンターマイクを務める時代の超新星。
そんな彼女の活躍を、私はいつもリビングのソファに座って眺めていた。
女性というものは、生まれた瞬間から美の競争に巻き込まれる。
故に、自分の美に敏感であり、他者の美を本能的に妬むものであると私は思う。
だから、私は、親友の優ちゃんがどんどん綺麗になっていくのを嬉しいと思う反面、
激しく嫉妬していたことをここで認めよう。
だけど、彼女には…舞園さやかさんにその感情を持つことはなかった。
それは、彼女が私にとってあまりにも遠い存在だったから。
格闘技を始めたばかりの少年が、
世界最強のロシア人チャンピオンと戦おうなどと考えないように。
将棋を始めたばかりの素人が、
メガネの名人と真剣勝負をするなどと夢にも思わないように。
テレビに映る彼女は、私にとって、
あまりにも美しく、あまりにも遠い存在で、嫉妬の対象になりえなかったのだろう。
それは、美しい人形を眺める時に抱く感情近いような気がする。
だからこそ、この希望ヶ峰学園の厨房において、本物の彼女と二人きりという状況に
私は、何か夢の中にいるような不思議な感覚に囚われた。
あの舞園さやかが、目の前にいる。
あのテレビの中で、華やかに踊っていた彼女が、話しかけられる距離にいる。
そんな状況において、私があまり緊張しないのも、現実感がないというのもあるが、
なによりこの希望ヶ峰学園で起こった奇怪な出来事の連続で
感覚が麻痺しているからかもしれない。

舞園さんは、表情こそ見えないが、元気がなさそうだった。
その背からは、あの超高校級のアイドルが放つ独特のオーラが感じられなかった。
やはり、あのDVDの影響なのだろうか。
脳裏に、家族や優ちゃん、そして、破壊された部屋の映像が過ぎる。
あんなものは捏造に決まってる…と信じたい。
だが、あれを見せられて元気な人間などいるはずがない。
彼女が元気がないのは、当然だろう。
見ると、彼女は手に、何かをもっていた。
それは、部屋に備え付けてあったハンドバックだった。
私の部屋にあるものと同じなので、すぐにわかった。
どうやら、女子の部屋の支給品は同じらしい。

(舞園さん…ここに何しにきたかな?)

彼女の後ろ姿を眺めながら、そんなことを思っていた時だった。

「あとは…え!?」
「へ…?」

何かを呟いた次の瞬間、舞園さんは、急に振り向き、私と目を合わせた。

「え…どうして?いつから!?い、嫌…ッ!?」
「え…!?ち、ちょっと」

視線を合わせた彼女は、呆然と私を見た後、激しく狼狽し始めた。
彼女の美しい瞳が、恐怖で濁っていく。
何か恐ろしいものを見たように。
その表情は、まるで、夜、部屋に帰ってきた時に、部屋の中に
何度も被害届を出したストーカーを見たような…そんな感じだった。

「見てたんですね?ずっとそこで見てたんですね?そうなんですね!?」

決定的だった。
彼女は、私がストーカーのように後をつけてきたと勘違いしたのだ。

「ご、誤解です~ッ!!果物をとりに、さっきここに来ました~ッ!偶然ですッ!!」
「嘘よ!ずっとここにいたんですね?私が気づかないのをいいことに、ずっと私のことを見てたんですね!?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析