ハーメルン
私が希望ヶ峰学園から出られないのはモノクマが悪い!
第1章・イキキル 前編③

「え…!?い、今、何ておっしゃったのでしょうか?」

私は自分の耳を疑った。
それは、彼女の突然の申し出があまりにも私の想像を超えていたからだ。
耳が万が一でも正常である可能性を考慮して、私は恐る恐る舞園さんに問いかけた。

「今夜、私の部屋に来てくれませんか…そう言いました」

彼女は、ほんの少し微笑を浮かべながら、再度その言葉を口にした。
信じ難いことに、私の耳は正常らしい。
だが、即座に別の考えが頭に浮かぶ。これは、夢ではないか…と、そんな考えが。
この状況下においては、そう思う方が正常であり、その方がまともな思考だろう。
だって考えて見て欲しい。

あの超高校級の“アイドル”である舞園さやかの部屋に私が招かれる―――

そんな奇跡が私の身の上に起こるわけではないか…!?

「突然こんなことを言い出して、黒木さんも驚きますよね…」

私の混乱が表情を通して、彼女に伝わったようだ。
彼女は視線を少し視線を逸らして、理由を説明し始めた。

「昨日のあのDVD…あの映像を見てから、私…とても不安になって…。
だから、そのことも含めて、いろいろ黒木さんに相談したいと思いまして…。
あの…ダメですか?」

彼女の説明を聞きながら、昨日のことを思い出す。
真っ青な顔をして、教室を出て行った舞園さん。
きっと彼女も黒幕に家族を人質にされた映像を見せられたのだ。
だから、あのような大声で悲鳴を上げたのか。
うん、私も同じだからこそ、よくわかる。
チ…あと2秒遅ければ、私が悲鳴を上げていたものを。
まあ、話は戻すが、あのような映像を見せられては、彼女の不安も当然だ。
誰かに話したい。相談したい。その気持ちはよくわかる。

でも、これって…もしかして…



(所謂“人生相談”じゃないですか~~~~!?)



人生相談。
それは、友達、いや親友となった相手には欠かす事ができない必須のイベントである。
主な発生条件として、進学や就職を目前に、パロメーターが一定以上の同性、または異性の相手がいることが必要であるこのイベント。
私も中学時代において、親友の優ちゃんを相手にその条件をクリアして、このイベントが発生した。少し自慢となってしまうが、私は頭がいい方だ。成績もまずまずであった。
しかし、優ちゃんは、勉強が苦手なタイプであり、私と同じレベルの高校に進学するのは正直難しかった。そのような状況の中、私は優ちゃんの家に泊まり、夜通し進学する高校について話し合った。結局は、私達は別々の高校に行くことになったが、好きな異性のことや、あれこれ話し合ったあの夜は、私のいい思い出となり、優ちゃんとはより仲がよくなった気がする。
かなり前に放送を終了したライトノベルが原作の某アニメにおいても、主人公の妹であるはずがないと思うほど可愛くて生意気な妹が“人生相談”を通して、少しずつ主人公との仲を深めていった。
そう“人生相談”とは、それほど王道のイベントなのである。
それを私が舞園さんと…あの超高校級の“アイドル”とすることになるなんて…!
あまりのことに身体が震え始めた。即座に返事したい気持ちが湧き上がる。

だが、待て私。
そんな簡単にホイホイついていくようでは軽い女と思われ、今後の展開に響く。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析