ハーメルン
私が希望ヶ峰学園から出られないのはモノクマが悪い!
第1章・イキキル 前編④

「え…何?よく聞こえなかったのですが…もう一度お願いします」

あまりの衝撃に記憶が飛んだ私は、再び彼女に返答を頼んだ。

「苗木君は、私の恋人なんです。婚約もしてるんです。将来、結婚します!」
「え、ええええええええ~~~~~~~~~~~~~~~~~ッ!!?」

聞き間違いではなかった。
苗木と舞園さんは、付き合っていたのだ。
苗木は、舞園さんの恋人であり、婚約者であり、将来の彼女の夫なのだ!?
なんということだろう。
だから、あんなに親しそうだったのか。
彼女が超高校級の“助手”を自称していたのも、そういう意図があったのか。
苗木誠…恐ろしい子。
やはり、超高校級の“幸運”の称号は伊達ではなかった。
まさか、あの舞園さやかと付き合うことができるなんて、なんたる幸運だろう。
うん?でも婚約ということは、苗木の家は名家や資産家なのかな?
もしかして、あの十神白夜並みの金持ちだったりして…。
まあ、それは、現状では推測しかできない。
とりあえず、今はその事実に対して、何かコメントしなければならない。
でも…ああ、何も思いつかない…!

「…冗談です」
「え…?」
「冗談ですよ。苗木君と私は中学の同級生なんです」

私の狼狽をじっくり観察していた彼女は、笑いを堪えながら、告白した。
なんと、私はまた彼女に騙されてしまったのだ。

「ウフフ、ゴメンなさい。そう言った時の黒木さんの反応が見たくて…」

そう言って、彼女はさも可笑しそうに笑った。

(クソが…超カワイイじゃねーか)

こんなカワイイ生物に騙されたら、怒るに怒れない。
なんだって、許してしまいそうじゃないか。うん、許す。
私は彼女を許すことにした(2回目)

「私と苗木君は同じ中学出身なんです。もちろん、付き合ってもいません…」

彼女は苗木との関係を話し始めた。
彼女と苗木は同じ中学というだけで、恋人関係ではないことがはっきりした。
それを口にした時の彼女の表情が、少し残念そうに見えたのは、気のせいだろう。

「私は、彼のことをずっと見て、いつか話したいと思っていました…でも結局、中学校の時、彼に話しかけることはできませんでした。だから、ここで再会した時は、本当に驚いて…本当に嬉しかったです」
「ん…?苗木君が、ずっと舞園さんを見ていて、結局話しかけられなかった…だよね?」

彼女の発言内容に不可解な点があったので、私はその部分を脳内修正した。
要は、苗木の奴が準ストーカー行為を行っていたのかな?

「うふふ、違いますよ、私が…です。苗木君は私にとって憧れの人だったんです」
「え…どういう意味?」

驚愕する私を横に、彼女は思い出すように語り始めた。

「中学一年生の時、学校の池に大きな鶴が迷い込んできたことがあったんです。
あまり大きな鳥だから、先生も生徒も驚いてしまって、
みんながどうしていいかわからなくて、ただ困惑しながら見ているだけでした。
そんな時に、彼が…苗木君が、ひとりで暴れる鶴を捕まえて、逃がしてあげたんです。
学校の裏の森まで運んで…」

その時のことを思い出したのか、彼女はクスリと笑った。

「私はそんなことがあっても、普通にしている彼に本当に感心しました。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析