ハーメルン
私が希望ヶ峰学園から出られないのはモノクマが悪い!
第1章・イキキル 中編②

「しかし、どーなってんだよ!?モノクマの奴いねーじゃん!!」
「あのクソ野郎…呼び出しといて人様を待たせるなんざ、人の風上にも置けねえ奴だ!!」
「まあ、どっちかと言えば、熊なんですけどね…」

あちらの方でチャラ男と暴走族とラードが何やら喋っている。
彼らの言う通り、体育館に来た私達は、モノクマの奴に待ちぼうけを喰らわされていた。
私は何もすることがないので、とりあえず、体育館の隅に腰掛ける。
スカートを押さえながらの体育座りは女子学生の嗜み。
私は、そこからクラスメート達の様子を眺めていた。

(まだ、全員いるな…)

舞園さんを除くクラスメートは全員揃っていた。

校則⑥

あれを実行したクロはまだ脱出できていないようだ。


    “他の生徒には知られてはいけない”


それを達成するには、まだ時間が必要なのだろうか?
恐らく、“学級裁判”とやらにその説明があるのだろう。

「もこっち~~」

そんなことを考えていると、あちらであのバ…いや、あの子が私を呼ぶ声が聞こえた。

「お~い、もこっち~~」

江ノ島盾子。
少し仲良くなってから、ウザイくらいに絡んでくる超高校級の“ギャル”
その彼女が、私の名を呼び、ブンブンと手を振っている。

(何やってんだ…?あのビッチは)

私はよくわからずも、座った状態で半笑いしながら、小さく手を振り返した。
彼女と私との距離は少し離れてはいるが、ちょうど一直線上になっていた。
彼女は“ニンマリ”と笑みを浮かべる。

(え…?)

何やら悪寒が走った。ひどく嫌な予感がする。
彼女は、床に手をつけると、少し腰を上げる。

(クラウチングスタート…?)

私は目を疑った。

クラウチングスタートとは
陸上競技の400m以下の短距離種目でのスタートで用いられる姿勢だ。

いや、でも何故それをこの場で…?
私の嫌な予感はもはや、アラームのレベルまで成長している。

「ちょッ…」

私が彼女に声をかけようとした瞬間だった―――

「――――いッ!?」

次の瞬間、彼女は消えた。
本当に瞬間移動したかのように、3mほど前にいきなり現れた。
それはまるでミサイルの発射のように。
肉眼で彼女を追うことができなかった。
いや…それ以上に、私は見た。
スタートする瞬間、顔を上に上げた彼女の表情を。


あれは…“鬼”!?


まるで格闘漫画のように、口を三日月に開け、目を白く光らしていた。
私は一体何を見たのだ!?
白昼夢!?幻覚!?え、だって女子高生だよね、アイツ!?

だが、その刹那の思考の間にも、私と盾子ちゃんの距離は近づく。
盾子ちゃんは、疾走のエネルギーを利用し、滑りながら片足を上げる。
膝を曲げ、腰を捻り、力の伝達を最大に生かす。

それはまるでサッカーボールを蹴るかのように。

凶悪な“ローキック”が私の顔面に一直線に向かってくる。






―――――――死!?


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/10

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析