ハーメルン
私が希望ヶ峰学園から出られないのはモノクマが悪い!
第1章・イキキル 中編③

痛い…。

痛い。

痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。

頭が割れるように痛い―――

目の前の光景が“グニャリ”と歪み、
“ブッチ”と音がしたと思ったら、全てが闇に呑まれた。

「う…ッ!?」

突如、フラッシュライトのような閃光が放たれた。
眩しくなかったのは、それが私の頭の中で起こっているからなのだろう。
光と闇。
それが、交互に繰り返される。

ああ、でも、そんなことはどうでもいい。

「い、痛い…痛いよ」

頭が割れるように痛い。
何か超能力が覚醒しそうなほど痛い。
いつもの私なら、そんなことを考えるだろうが、冗談ではない。

痛い…

本当に…割れそう…。


…………

・……………

・……………………・……………

ん…?

頭痛が治まった…?

一体、何が…?

まだ、意識がはっきりしないな…。

あ、視界が…

え!?何、何なのこれ!?


頭が爆発するかと思うほどの頭痛はそれをピークに突然治まった。
その余波だろう、意識が朦朧とする。
光と闇の連続は終わり、視界がぼんやりと開けてきた。

そこで見た光景に私は声を失った。

「ど、どこなのここは…?」

私は、体育館にいたはずだ。
舞園さんが殺され、モノクマに呼び出されて、体育館に集まったはずだ。
そこで、奴から“学級裁判”という名の追加ルールを聞き、
舞園さんを殺した犯人を捜すために、まさに捜査が開始されるところだったはずだ。
そこからは記憶にない。
誰から、それを止めようとしたような気がするのだが…。

とにかくだ。
それが直前までの私のいた世界だ。
こんな夕日に照らされた教室などでは断じてない!

どこだ、ここは?私は一体どうなったのだ!?

(とりあえず、教室から出よう)

そう思い、行動に移った次の瞬間、私は絶句した。

(う、動けない…!?)

足が動かない…のではない。足がない!?腕も、手も!?
驚いたことに、私が所有しているのは、視界のみのようだ。
ここでは、私は幽霊のように、意識のみの存在…ということか?
この異常な状況において、私がパニックを起こさなかったのは、
私の意識が朦朧とした状態にあったのもあるが、

こういうことは、大概、夢である。

という、私の切り替えの早さが大きな比率を占めているように思う。
どこからが、夢だったのだろうか。
できれば、希望ヶ峰学園関連は全て、夢であって欲しいけど…。

そんなことを考えていると、教室の端に一人の生徒を発見した。

(ああ…)

その姿を見るなり、私は落胆の声を上げた。


そこにいたのは…私だった。


何故、落胆の声を上げたのかは、状況を推察してほしい。

夕日に照らされた教室。
机にうつ伏せになる私。

そう、つまりこれは、最後の授業で居眠りをしたために、下校の時間になっても

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析