ハーメルン
私が希望ヶ峰学園から出られないのはモノクマが悪い!
第1章・イキキル 中編⑤

「やっぱり、包丁がない…」

厨房の中において、私は、舞園さん殺害の凶器となった包丁の不在を確認した。
体育館を出た私は、とりあえず、自分の個室に戻り、シャワーを浴びて服を着替えた。
服には返り血が所々についており、また下着も諸事情により、
残念なことになっていたので、全て着替えることにした。
モノクマの支給品の中に、どこかの高校の制服があったので、今、それを着ている。
この制服はもしかしたら、希望ヶ峰学園のものかもしれない。
こんなことがなければ、これを着て、今頃は、楽しい学園生活が始まっていたかと
思うと、なんとも言えない気持ちになる。

しかし、現実は奇妙にして非情である。

私達は、モノクマを操る変質者に監禁され、コロシアイ学園生活を強制されている。
そして、今日、ついに被害者が出た。

一人は、超高校級の“アイドル”舞園さやかさん。
説明不要のトップアイドル。
彼女は、交換した苗木の個室にて、何者かに刺殺された。
殺される前の夜、初めて話した彼女は、優しかった。
もしかしたら、友達になることができたかもしれないと思うと胸が痛い。

もう一人は、超高校級の“ギャル”江ノ島盾子ちゃん。
女子高生なら知らない者がいないカリスマ。
彼女は、“学級裁判”に反対して、モノクマに処刑された。
初めて会った時から、ずっと厚かましかった彼女は、本当に面倒な奴だった。
だけど、私の高校生になって初めての友達。彼女を思うと今も涙がこぼれそうだ。

だが、2人もの犠牲者を出したコロシアイ学園生活は、まだ序盤に過ぎなかった。
本番は、まさに今から。

“学級裁判”

それにより、舞園さんを殺したクロを当てなければ、
私達、全員がモノクマに処刑されてしまう―――――!!。

(ウプッ…)

盾子ちゃんが、モノクマが放った複数の槍に貫かれるシーンが頭を過ぎり、
胃液が逆流するのを堪える。

もし、犯人を外せば、私もモノクマに処刑されてしまう。
その現実が、否応なく私のか弱い胃腸を締め付けてくる。

だが―――

もし、犯人を当てることができれば、モノクマの企てを阻止することができる。
それは、この閉ざされた状況を変える突破口となるはずだ。

今回の“学級裁判”は、絶望を希望に変えるチャンスになる…かもしれない。

それに…私は決めたのだ。
舞園さんと盾子ちゃんの仇を取る…と。

そのためにも、なんとしても犯人であるクロは、私が見つけないといけない。

そう決心した私は、部屋を出て、
最初に捜査したのが、最後の夜、舞園さんと会ったこの厨房だった。
厨房の包丁のケースからは、1本の包丁が紛失していることを確認した。
あの夜のことを思い出す。


「まあ、気のせいか…」


あの時は、そう結論づけたが、違和感の正体はこれだったのだ。
そうか、すでにあの時には、包丁はクロによって持ち出されていたのか。

(次は、あの部屋か…)

凶器の不在を確認した私は、厨房を出ようと歩き出す。
その足取りは酷く重い。
次に、向かう部屋は、事件の現場。
舞園さんの死体が放置されているあの部屋だ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析