ハーメルン
私が希望ヶ峰学園から出られないのはモノクマが悪い!
第1章・イキキル 後編①

チャラチャラララ~♪
チャラチャラララ~♪
チャラチャラララ~♪
チャラチャーチャーチャラチャーチャーチャチャー♪

希望ヶ峰学園に入学した私達、超高校級の才能達。
だが、その入学式の直前、モノクマを操る黒幕に誘拐され監禁される。
“コロシアイ学園生活”を宣言するモノクマ。
そんな中、仲良くなった超高校級の“アイドル”舞園さやかが何者かに殺された。
そして、“学級裁判”に反対した私の親友
超高校級の“ギャル”江ノ島盾子もモノクマに殺されてしまう。

迫り来る学級裁判!

「だから、アイツはあんなことをしたのか…」

ダイイングメッセージの意味とは…!?


「真実はいつも一つ!」


智子はこの完全犯罪を暴くことができるのか!?



次回、“名探偵”黒木智子 



      「希望ヶ峰学園殺人事件 後編」



NEXT智子ズヒント「ネームプレート」




(ふう…まあこんなところかな)

頭に湖南の軽快なBGMが流れ、つい次回予告を作ってしまった。
それだけ私もノリノリということだろうか。
一昔前のBGMを使用してしまったのはご愛嬌だ。
私も全てのアニメをチェックしているわけではない。
湖南は久しくみていないな。
まだ黒色の組織との決着はついていないのだろうか。
アイツら、もう十年近く膠着状態になってないか…?
まあ、話を戻そう。


あの~犯人、わかっちゃいました。


ウハ、いいよ、いいよ!これだよ!
このゾクリとする感覚だよ!ああ、なんて気持ちがいいのだ。
それはもう麻薬のような快楽。
今なら、某人気歌手のようにお縄となってしまうかもしれない、とそう思うほどに。
ああ、いかん、いかん。
快楽にヨガってる場合じゃねーや。
こうしている間にも、捜査のタイムリミットは刻々と近づいている。
そろそろ、シリアスに戻らなねば。

私は、部屋の中に戻り、舞園さんの前に立つ。
大和田君と大神さんは、怪訝な表情で私を見つめるが、今はそれを気にしないことにする。
私がここに来た理由は一つだけだ。

舞園さんにこの事件の真実を最初に教えてあげたい。

私の初めての推理を…この事件の真実を、被害者である彼女にこそ捧げたい。
私は、ゆっくりと瞼を閉じる。

真実は…今、ここに!




―――――これが事件の真相だ!!




突如、場面は裁判所のような場所に変わる。
私は、犯人の前に立っていた。



“ちょ、おまw誰だよ、この美人は!?”
“ん?突然の新キャラの登場か何かかな?”
“美化しすぎだろ!完全に別人じゃねーか!”
“巨乳美人になっててワロタwww”


また何処からともなく小うるさい幻聴が聞こえてくる。
うるさい奴らだな…どう見ても私ですが、何か?
幻聴を無視して、推理を続けよう。

私は、犯人と思われる人物の前に立っている。
犯人と思われる人物は、全身を黒塗りにして、まるで影のようであった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/10

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析