ハーメルン
私が希望ヶ峰学園から出られないのはモノクマが悪い!
ようこそ絶望学園(中編)

「う、う~ん」

体がだるい。頭がズキズキする。
目を開けるとそこには机があり、顔を上げると黒板があった。
どうやら、机の上でうつ伏せになり、寝てしまっていたようだ。
周りに誰もいないのは、午後の授業で昼寝して、放課後になってしまったようだ。
やべえ…涎がついてる。
ああ、そうか。全て夢だったのか。

私が超高校級の“喪女”として希望ヶ峰学園に入学する―――

どんな夢を見てるんだよ、私は。
まだ、ゲームのイケ面と付き合う夢の方が嬉しいわ。
ユニークすぎて我ながら呆れる。

「さて…じゃあ、帰るか」

いつまでも、教室にいても仕方ない。さっさと家に帰ろう。
私は帰宅部だ。こんな時間に学校にいる理由はない。
結構、熟睡した気がする。外が気になるな。
外はもう、日も暮れてい…

「―――ッ!?」

その瞬間、私は絶句した。
窓には、青い空も、太陽も、夕暮れも、そこにあるべき光景は何もなかった。
全ての窓という窓が鉄板で固く閉ざされていた。

「な、何これ…」

その異様な光景に後ずさりした私は、天井から私を見つめているものに気づく。

「監視…カメラ?」

本来、防犯のために付けられているはずの監視カメラは、教室の中に付けられ、
私を見ていた。

「どこなの…ここ?」

血の気が引いていくと共に、眠気が消え、意識がはっきりしていく。

私が超高校級の“喪女”として希望ヶ峰学園に入学する―――

そんなふざけた悪夢は、現実だったのだ。
そうだ。
私は、玄関ホールで、貧血を起こし、倒れたのだ。
じゃあ、ここは、希望ヶ峰学園の教室の中…?

「ん…?」

振り返り、今更、教室の全体を眺めると、後ろの教室の入り口付近の席に
一人の男子高校生が、机にうつ伏せで寝ているのに気がつく。
男子高校生の体型は、一般のそれよりも小柄で、制服の中にパーカーを着込んでいる。

在校生かな…?

そりゃそうだ。
希望ヶ峰学園は「学園」なのだ。
そこで、学ランを着ているのだから、この学園の生徒に間違いない。
現状がまったく掴めない私は、とりあえず、この人を起こすことにした。

「あ、ああの、す、すいません」
「ウ、う…ん」

軽く揺すると、すぐ反応があった。
男子高校生は、頭を抑えながら、立ち上がり、辺りを見渡す。

「ここは…?君は…?」
「え…?」

つい、さっきの私のリアクションをそのまま再現されたことに私は一気に不安になる。

「わ、なんだこの鉄板は!?監視カメラ!?」

そうだよね。まずそこに驚くよね。

「あ、あの…在校生の方ですよね?わ、私は、今日、入学してきた者なんですが…その」

わずかな可能性に賭け、私は質問する。

「え、ゴメン。実は、僕も今日、この学園に入学したんだ。玄関ホールまでは覚えてるんだけど。その後、確か眩暈を起こして…」

だろうね。そう思ってたよ。
その反応見れば、誰だってルーキーだってわかりますぜ旦那。
チッ…使えねーな。
だいたい、男のくせに眩暈くらいで倒れるなよ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析