ハーメルン
私が希望ヶ峰学園から出られないのはモノクマが悪い!
第1章・自由時間1時限目

希望の学園生活。それは一転、絶望の学園生活に変わった。
その事実を前に、私達16人は困惑の表情を浮かべ沈黙していた。
“誰かが裏切るかもしれない”その疑心暗鬼により、誰もが口を開くことはできなかった。
場を絡みつくような重苦しい空気が支配する。
それを壊したのは、その場にふさわしくないあの陽気で愉快な声だった。

「あ、ゴメン。忘れてた」

床が“ウィーン”と音を立てながら開き、再びあのクマ畜生が姿を現した。

「ゴメン、ゴメン。これを渡し忘れてた。はい、電・子・生・徒・手・帳~。この学園の生徒手帳です。カッコいいでしょ?電子手帳は学園生活に欠かす事の出来ない必需品だから、絶対なくさないようにしてね!起動時に自分の本名が表示されるから確認しておいてね」

モノクマは笑いながら私達に「電子生徒手帳」とかいう生徒手帳のようなものを配り歩く。
みんなは躊躇しながらも、それを受け取る。
こいつに何かしようものなら、いつ爆発するともわからない。
ならば、出来る限り刺激しないのが賢明と判断したのであろう。
実際、私は先ほど、その被害者第一号になりかけた。クソ…大和田め。

「ちなみにその電子手帳は完全防水で水に沈めても壊れない優れもの!耐久性も抜群で10トンくらいの重さなら平気だよ!詳しい“校則”もここに書いてあるので、各自、じっくりと読んでおくよーに!ではでは、今度こそサヨナラ」

「…」

愛らしく手を振りながら再び床下に消えていく人外。
その姿を私達は無言で見つめるしかなかった。どうやら、床のいたるところに奴の出現ポイントが設計されているようだ。

本当に希望ヶ峰学園なの…ここは…?

遅まきながら私はそれに対する疑念を持つ。
つまりだ。ここは学園ではなく、どこか別の場所ではないのか。
私達が気を失っている間に、あのモノクマを操っている奴が私達を別の場所に拉致したのではないだろうか。
それならば、あの玄関ホールの謎が解ける。
いくら希望ヶ峰学園といってもあんなものが短時間で作れるわけがない。
だが、ここがまったく別の場所であるのなら理屈は通る。
しかし、そうであるならば、私は現在、正体不明の変質者に監禁されているという状況になる。最悪である。ぶるっと悪寒が全身を駆ける。

「それで、これからどうする気?」

その言葉に私は顔を上げた。
再び場を支配する重苦しい空気。それを打ち破ったのは、彼女の無愛想な一言だった。

霧切響子さん。
銀髪のロングヘアーのクールでミステリアスな女の子。その美貌はあの舞園さやかさんと比べても遜色はない。私達の中で唯一才能がわからない“謎”の超高校級。

この最悪といえるこの状況の中で、初対面から今に至るまで、変わることなき冷静な表情でその言葉を放った。

「このまま…ずっと、にらめっこしている気なの?」

棘のある言葉だった。
彼女の棘のある言葉は、その場の全員に向けられていた。
だけど、その棘の痛みは、私達を現実へと引き戻した。

「そうだな、確かにそうだ!怖かろうと不安だろうと、歩を進めなければならぬ時がある!
そんな簡単なことを忘れるなんて、僕は自分が情けない…誰かボクを殴ってくれないか!僕は自分が許せないんだ!頼むから誰か僕を殴ってくれッ!」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析