ハーメルン
私が希望ヶ峰学園から出られないのはモノクマが悪い!
第1章・自由時間2時限目

「舞園ってやっぱりスゲーよな、オーラ感じるぜ!」
「やだぁ…そんな事ないですよ」
「いやいや、マジだって!さすが超高校級の“アイドル”て感じのオーラだよ」
「アハハ、何ですかそれ」
「ハハハ、改めて考えるとなんだろうな、それ。まあ、超絶カワイイってことかな」

私達は気絶した苗木を運び、苗木の個室を目指して寄宿エリアに移動していた。

さて、ここで質問です。
気絶している苗木を除いて“私達”は何人いるでしょうか?

「桑田君もスゴイじゃないですか。この前、新聞に載ってましたよね」
「マジ!アレ見たのか。いや~スゲー恥ずかしいぜ。あんなの忘れてよ。舞園だって、
この前、Mステでグラサンとトークしてたじゃん!何気に口説かれてなかった?アハハ」
「も~冗談は止めて下さい」

「…。」

答えは3人でーす。
黒木智子ちゃんもいますよーん☆HAHAHAHAHAHAハハハハ…ハハ。

チャラ男こと桑ナントカ君は、私に対して一切話しかけず、鼻息を荒くしながら、舞園さんに話し続ける。完全なる無視である。
某学園ホラー人気小説において呪いを回避するために一人の生徒を「いないもの」として、クラス内でその存在を徹底的に無視されるという設定がある。そう、今の私のように。
桑ナントカ君はきっと、あの世界でも完璧に「いないもの」に対処することが出来るに違いない。私が保証しよう。
まあ、実際に私が本当に「いないもの」なら、チャラ男に対しては、執拗に嫌がらせを続けてやるがな…だって、見えないんでしょ?
時折、舞園さんが、チャラ男と話しながら、気の毒そうに私のことをチラチラと見ている。
舞園さんと私が、優ちゃんのような関係(まあ、唯一の友達か)だったら、某伝説の漫画の悪役のように「貴様…見ているな!」とか。
「お前、さっき私のこと、チラチラ見てただろう!」など某動画サイトのマニア向けのネタを提供してあげるところだけど、そんなことはできるはずがない。
相手は超高校級の“アイドル”舞園さやか。
本来なら私が話しかけることなど決してできない存在。
その彼女に、名前を呼んでもらえただけで、一生の思い出となるレベルだ。
ギャグをかますなんて、とんでもない。死んでしまいます。
だから、飢えた野獣のような目でチャラ男が彼女に話し続ける気持ちも正直わからないでもない。端正な顔立ちに均整のとれた体。その白い肌はまるで人形のようだ。
本当に同じ人間だろうか…?そう思ってしまうほど彼女は美しい。
だからこそ、超高校級の“アイドル”と呼ばれているのだろう。
ああ、それに、もはや名前すら完全に失念したこのチャラ男も実は凄い奴らしい。
超高校級の“野球選手”だったかな?
おそらく、5年後くらいにテレビカメラの前で対談番組が組まれてもおかしくない二人の出会いだ。悔しいが、私などが会話に入れるわけがない。
もしかしたら、これがきっかけとなり、この二人はカップルになるかもしれない。
まあ、でもこのチャラ男だとあまり応援する気にならんな…失敗しろ。

「でも、俺ぜんぜん野球とか好きじゃないんだよ。練習とかも超嫌いだし。俺様、天才だからそんなもの必要ないしさ。それでも160キロとか投げれるから、高校じゃ敵なし。正直つまらないから野球はもう辞めるつもりなんだよね」
「凄いですね…。じゃあ、次は何を目指すのですか?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析