ハーメルン
私が希望ヶ峰学園から出られないのはモノクマが悪い!
第1章・自由時間5時限目

一週間です。
私達が監禁されてから、もう一週間が経ちました。
一週間ですよ!みなさん!
ここは○○県なんですか?
事件が起こらなければ動かない○○県警で有名な○○県なのでしょうか?
○ ○県警のみなさん~事件は今、起きていますよ~。
まさに今、まさに現場で起こってますよ。

「ハア…」

私はため息を吐きながら、先ほど書いたメモ帳を破り捨てた。
正直、あんなことを書いても憂さ晴らしにもなりはしない。
いや、それどころか、逆にストレスが溜まった気がする。
警察は何をやっているのだろうか?
国の希望とも言うべき私達、超高校級の新入生が誘拐されたとなれば、
それこそ、今年の一大ニュースだ。
連日、ワイドショーで、この話題は持ちきりだろうし、
即日、捜査本部が設置され、警視庁の威信をかけた捜査が開始されるはずだ。
そして、今頃には、モノクマを操る黒幕の部屋に、完全武装した警察の特殊部隊が
雪崩れ込み、奴をボッコボコのグッチャグチャにして、生放送のフラッシュライトの中、
毛布を被った私が救助されている…はずだった。

「ぐぬぬ…」

だが、現実はどうだ。
救助されているはずの私は、今も監禁されている建物の個室で毛布を被っている。
なんだ、これは!?
警察は何をやっているんだ!
ここは○○県なんですか?
事件が起こらなければ動かない○○県警で有名な○○県なのでしょうか?
ハ、いかん…!
何やらループしているぞ!
落ち着け、私!まだ、慌てる時間じゃない。
いや、慌てろよ、私!頑張れよ、○○県警!
ヤバい…!もう何言ってるか、自分でもよくわからなくなってきた。
仕方がない。
落ち着くために、ここはひとつ、この一週間の出来事を振り返ってみよう。


◆  ◆  ◆

まずは、捜査の現状から話していこうと思う。
すでに知っていると思うけど、私達は、この建物から脱出するための脱出口を
捜査していた。これは、モノクマが作った校則とやらにもおいても、許可されている行動のため、私達は、はじめの数日間を、まさに全力で捜査した。
その結果は―――

うん…参りました。お手上げです。

いや~予想以上にスゴイね、あの黒幕の奴は。
普通はどんな建物でも、何処かしこに、出られそうな所があるはずなんだけど、
この建物の1Fはまさに完全な密室だ。
私達は、それこそ、洗濯機の裏側から、天井まであらゆる箇所を、押したり引いたりしてみたが、ダメだった。
床には、あのクマ野郎が飛び出して来るであろう排出口のような場所をいくつか見つけたが(大体、部屋に一つ割合で存在している)これを開けるには、何か特殊な器具が必要のようだ。そんなものなど、この1Fには存在しない。また、これをこじ開けたからといって、
外に出られるとは思えない。
その結論を一つの答えとして、私達の大半は、自力での脱出を諦めてしまい、
私のように部屋に篭りがちとなっているようだ。彼女、一人を除いて。

彼女…霧切響子さんは、今も一人、黙々と捜査を続けているようだ。
彼女は、よほど早急に外に出たい理由があるのだろうか?
いや、あれは、外に出たいというより、ただ、純粋に捜査している…ように感じられる。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析