ハーメルン
今日も元気にメゼポルタ広場からお届けします。【完結】
その身に纏うは、獄炎の……

   


 そこは、まさに【獄炎地獄】と呼ぶに相応しい場所だった。
 暗闇に光る紅い溶岩。
 草木も生えぬ、不毛の地。
 溶岩の熱と、暑さと、そして黒く冷えて固まった、溶岩の地があるだけの世界。
 そんな中で蠢くものといえば、鬼か魍魎の類いしかなさそうなものだが……。

 グワオオォ!!

天を向いて猛々しく吠えたのは、炎の化身かと見紛う程全身が紅い、【古龍】。
 獅子の頭に、後ろに反る形の先の長く曲がった角を生やし、その姿に皮膜状の翼が付いたような外見をしている。
 まるで獄炎の神から遣わされた獣であるかのように、恐ろしく、また雄々しい姿をしている。
 【彼】は、その世界全てを震撼させるように吠えたと同時に体の周りに火の粉を撒き散らせると、一瞬遅れてカチッと牙を打ち付け、火花を作った。
 
 ボボボン!!

たちまち【彼】の周囲が爆発する。
「うっひょ~~! 相変わらず派手だなぁオイ!」
 逃げながら、アレクトロが言う。
「がっはっはっ! 流石に上位【テオ】の粉塵爆発は、迫力あるなおい!」
 嬉しそうに、ベナトールが答える。
 彼らは【炎王龍】事【テオ=テスカトル】を狩りに来ているのである。

 ちなみに【彼】というように、この種類(テスカト科)の雄の個体を【テオ=テスカトル】と呼ぶのだが、雌の個体では【ナナ=テスカトリ】と呼ばれている。
 ハンターの間で通称【ナナ】と呼ぶこの雌は、雄が炎の化身のように紅いのに対し、揺らめく紫を秘めたような、不思議で美しい蒼色。その角も反ってはなく、冠を被っているかのような不思議な形をしている。
 ハンターの間ではこれをたった独りで狩る事が、ベテランの証とされている。


 楽しそうな二人とは対照的に、彼らに比べて存在感の無い男が一人。
 カイである。
 どうしても欲しい素材があって付いて来てはいたものの、圧倒的な上位【テオ】の迫力に臆しているのか、それとも他の理由があるのか、どことなく動きが悪い。

「カイよ。もしかして〈地形ダメージ軽減〉のスキルを付けていないのではないのか?」
 特に攻撃を受けていないにも関わらず、しょっちゅう【回復薬グレート】を飲んでいる彼に、目敏く気付いたベナトールが言う。
「〈地形ダメージ軽減(大)〉であれば、奴に近付いても【龍炎】をかなり軽減させられるはずなんだがな」
 発覚状態の【テスカト科】の【モンスター】は、【龍炎】と呼ばれる陽炎のような炎を常に纏っているために、近付くだけでも火傷してしまうのだ。
 だが〈地形ダメージ軽減(大)〉のスキルならば、その【龍炎】をかなり軽減させ、火傷を最小限に抑えて立ち回る事が可能なのである。

 元々このスキルは溶岩の熱を軽減するために開発されたものなのだが、【龍炎】にも効果がある事が分かり、【テスカト科】を狩るハンターには大変有り難いスキルになっている。
「あぁ無理無理。コイツにスキルのうんちく垂れても無駄だぜ。分かんねぇから」
「分かってるよスキルの事ぐらい。でも――」
「でもスキルの種類が多過ぎて、覚えられねんだろ? だから的確に【モンスター】に合わせたスキル構成を組めない」
 カイの言葉を酌んで付け足すアレクトロ。
「ならば、その都度【クエスト】に行く前に、教えとくべきだったかな」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析