ハーメルン
今日も元気にメゼポルタ広場からお届けします。【完結】
幻覚の中での犯行(もしも、カイに刑が執行されていたら)

この話は、前の話の「幻覚の中での犯行」で、もしカイが処刑されていたらどうなったかを書いたものです。
同じ話なのでいきなり途中から始まります。
話の流れが変わるため、こちらのベナトールは少し違う行動を取っています。

「もしも」の話で、言わば「パラレルワールド」的な位置付けでの話なので、実際(本編)では死んでません。

 
このように、死んでほしくないキャラが死ぬ話や、違う役回りを演じてもらうような事が出来たら「もしもの世界」と称して「パラレルワールド」の話を書く事がありますので、以後そのつもりでいて下さい。
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析