ハーメルン
今日も元気にメゼポルタ広場からお届けします。【完結】
溶岩の狭間で





 はぁ、鎧脱ぎてぇ……。

 溶岩が固まって出来たエリアの真ん中で、膝に手をついて汗を滴らせながら、アレクトロは思った。
 いくら【クーラードリンク】を飲んでいても、この暑さには参ってしまう。
 それに、先程から汗が鎧の中を際限もなく流れていくのが気持ち悪い。
 もういっその事鎧を抜いじまった方が気持ち良いんじゃねぇかと思った彼だが、流石にそれは思い留まった。
 周りは固まった溶岩と固まり切らずに流れている溶岩という、二つの風景しかなかった。
 夜にも関わらず、流れている溶岩の光で周りの風景がうっすら見える程明るい。
 闇の中で紅く光る溶岩や、紅い薄暗闇で彩られた景色は綺麗だとさえ思うのだが、今はその風景をのんびり眺めている時間は無かった。

「ねぇ、まだ来ないの?」
 同じく汗をだらだら流しながら、隣でカイが聞いた。
「さっき《7》を横切ってたのを見掛けたから、たぶんもうちっと待てば来るはずなんだがなぁ……」
 と、その声が終るか終わらぬ内に、重々しい足音がゆっくりこちらに向かって来るのが聞こえた。
「ほら、おいでなすったぜ」
 アレクトロが促すと、やや離れた溶岩の中から、ゆっくりゆっくり【そいつ】は現れた。
 棘だらけの白っぽい花崗岩の塊を、乱雑にただ繋ぎ合わせただけのような外殻。
 まさに動く岩山といった風情の、重厚な姿。
 その見た目通りの分厚く、硬い外殻は、千度を超える程の温度がある文字通り溶けた岩である【溶岩】の中でも、ある程度生きられるように出来ているのだとか。

 【そいつ】の名は【グラビモス】。
 【飛竜種】一の体躯を誇る、硬くて手強い相手である。
「よぉ、デカブツ」
 こちらに気付いて咆哮した相手に、アレクトロは言った。
 
 突進で構えた時を見計らって、翼を狙う。
 〈切れ味+1〉のスキルを付けているので弾かれずに切り抜く事が出来るが、無ければ弾かれて、大きな隙を作ってしまう。
 だが腹部を壊した方がダメージが通るため、翼ばかりを狙ってはいられない。
 罠が得意だと豪語するカイが、早速【落とし穴】を仕掛ける。
 落ちたところに【大樽爆弾】を置き、起爆させるために離れようとすると、直後にカイが切り掛かって来た。
 当然のようにドカンという爆発音とともに浮っ飛ばされた二人。
「おっめぇは! ちゃんと見てろよ!!」
「アレクこそ置くなら置くでちゃんと言えよ!!」
 鎧を焦がしながら言い合っている間に抜け出した【グラビモス】は、特大に吠えた。
 怒らせてしまったが、どうやら第一段階の破壊は出来たようだ。

 怒り状態の【グラビモス】は、ブレスを多発する。
 それは体の中に溜まった熱を出すためと言われているが、直線に長く伸びる熱線で、まるでビームのようなので通称【グラビーム】などと言われている。
 見てる分には派手でカッコいいのだが、当たれば大火傷は免れない。
 ましてや怒り状態ならば、防御が薄い者は骨も残さずに焼き尽くされるかもしれない。

 いつもならば前にだけしか吐かないはずのグラビーム。
 だがこいつは顔を横に向け、薙ぎ払った。
「うわちゃちゃちゃ!!!」
 〈ガード性能〉のスキルも無いのに思わずガードしてしまったアレクトロは、吹っ飛んだ後、火達磨になりながら転げ回った。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析