ハーメルン
ただそれだけの話
声のデカい人の酒が不味くなるだけの話




 夢見が悪かった。懐かしくも苦々しい過去が、ゆめゆめ忘れるなと警告するかの様に色鮮やかに再生される夢だった。今はもうこの世に無い笑顔と毒のような赤、それらを忘れるわけがないというのに。



 汗で濡れた寝間着が肌に張り付き、起きたというのに未だ夢の中の様な不快さだ。
 暗闇の中で何度か瞬きをし、手を動かし、現実を確認する。あまりに夢が鮮やかで、あまりに今が真っ暗で、何が夢で何が現実か寝呆けた頭では判断するのが難しい。
「……」
 だいぶ目が覚め意識もしっかりして、そして、まだ起きるような時間では無いと気が付いたが時既に遅し。再度眠りにつくには難しい程に、すっかり坂本辰馬は覚醒してしまっていた。
「……あーあ、目が冴えてしもうたなぁ」
 独りごちてのっそり立ち上がり、自室の戸棚に隠していた日本酒を坂本は取り出す。バレたら船員達に責められ奪われ即座に飲み干されるであろうそれは、眠る為に飲むには勿体無い程にいい酒だ。しかし他に手段はない。
 部屋を出て食料庫で酒を漁っているのを優秀な副官に見つかり怒られるのも、年の功で色々と聡いおばばに心の内を見透かされるのも、今は勘弁願いたい気分だった。
 酒と一緒にしまっていたガラスコップに雑に手酌で注ぎ、坂本は一気に煽る。
「……不味いのう」
 一人闇の中で飲む酒はあの頃に飲んでいた物とは雲泥の差がある上物のはずなのに、美味いと全く思えなかった。味は当然良いのだが、美味くはない。酔って眠くなる為だけに、坂本はぐびぐびと自棄酒のように飲み干した。
 ふと、丸く厚い外界を遮断するガラスの外を見る。かつて彼が仰ぎ見て遠くに感じていたはずの宇宙が、当たり前の面をしてそこには広がっていた。



 そうだ、すまいるに行こう。
 某惑星で行っていた商談に一区切りつけてうんと背伸びをした所で、どこかで聞いた覚えのあるキャッチコピーのような考えが坂本の頭に浮かんだ。
『ちょっと地球に行ってくるぜよ』
 優秀な副官が優秀な部下達と話し込んでいる僅かな隙に書置きを一つ残し、その星から地球に向けて出航する船に坂本は飛び乗った。後先のことなど、当然彼は何も考えていない。
 モジャモジャだの空っぽだの言われるその頭の中には、美味しく酒を呑むという目的だけがただあった。



 そんな無計画故に地球のかぶき町に坂本が到着したのは夕刻、夜の店はまだ身支く途中の時間帯だった。夜には輝くかぶき町の文字がネオンではなく夕日に照らされているせいか、どこか哀愁を醸し出している。
 少しの間それを眺めた坂本は、目的を達成するまでに地味に時間を潰さねばならないので宛もなくカラコロと下駄を鳴らしながら歩きだした。
 そうして、思いがけない再会を果たした。
「ヅラ!? その鬱陶しいロン毛……、おんしヅラじゃなかか!? こいつは奇遇じゃのう!」
「ヅラじゃない桂だ! って、その酷く爆発したモジャモジャ頭……、坂本か!?」
 サングラスを少しずらして桂を指差しながら叫ぶ坂本に、指された相手も負けじと叫び返し指を指した。片方は指名手配犯とは思えぬ騒々しい二人のやり取りに、周りの冷めた視線が刺さる。しかし、そんなことを気にするような二人ではなかった。
「おお、地球に帰っていたのか、坂本。それとも商談か?」
「今さっきターミナルに到着したばかりじゃ。商談じゃのうてプライベートでな! 美味い酒を呑みたくなってのう」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析