ハーメルン
ただそれだけの話
鬼兵隊の総督が笑うだけの話




 「随分と親切だな、コイツは」
 鬼兵隊の総督、高杉晋助がそう声を掛けたのは、毒々しい黒紅の花弁と斑点模様のある深緑の葉を持つ植物だ。見た目から感じる通り強い毒性のある植物で、鬼兵隊参謀の武市変平太が所望した品である。
「親切、でござるか? はて、拙者にはとてもこの毒物が親切には思えぬが……」
 手にある鉢を持ち上げ、万斉は改めてしげしげと眺めてみる。
 鉢に植えられた花は透明のビニールに覆われているが、しかし完全に密封されているわけではなかった様だ。お世辞にも良いとは言えないねっとりとした臭いが漂ってきて、万斉は慌てて鼻からそれを遠ざけた。
「見た目から毒だと分かるだけ親切じゃねェか」
「成る程。そういった意味合いでの親切でござるか」
 確かに、万斉の手にある植物は“近付くな”と分かりやすい警告を出している。しかし、もしもこの植物がまるで清廉潔白だと主張する様な純白の花弁を持っていたならば、人々は見目麗しい花に自ら近付いて行くのだろう。
 恐ろしい毒があるなどとは、露も思わずに。
 近付いても平気そうな見た目の癖に、気づいた時にはもう手遅れな程の強力な毒を持っている。なるほど確かにそれこそ不親切であり、とても悪質だ。
 納得する万斉の横で高杉がいつもの笑みを零す。嘲るような、諦めるような、笑みを。
「一番質が悪いのは、上辺だけ無害を取り繕っているような奴らだろうよ」
 語る高杉の隻眼は、見つめる毒花ではなく、よく知る悪質な誰かを映していた。



 江戸の外れ、坂道の先、小高い場所にある古びた旅館の奥まった場所に、景観があまり良くないという理由で宿代の安い部屋があった。
 その部屋からは、古い外壁に鬱蒼と這う蔦や苔に侵略された石灯籠、そして昼間はともかく夜には闇を映しぽっかりと穴があいたかのようになる不気味な池しか眺められない。いささか陰鬱になる風景だ。
 しかし、その侘しい中庭は、高杉にとっては好ましい風情だった。
 本館から離れた部屋にわざわざ近づく人間がいない為、まるで空間が切り取られ孤立しているかの様に静かなのも彼は気に入っている。
 自然が奏でる微かな音と風景だけに浸れば、まるで滅びた後の世界を味わっているかのようだった。しかし、視線を上げれば瓦屋根の向こうから不躾な光が僅かに漏れていて、それが忌々しくも風情を破壊していた。
「……腹立たしい光だ」
 この宿の売りは、部屋から見える江戸の夜景、夜を貫くように聳え立つ輝くターミナルである。
 宿の主人を思い出し、高杉は小さく笑う。
 強かな主人である。天人の権力の象徴であるターミナルを商売に利用しつつ、裏では攘夷志士を匿う場を提供しているのだ。かつては戦場にいたという老いた男の眼は、よく見れば痩せた体と引きずる足には見合わぬ程に爛々と輝いていた。
 時が巻戻らぬように、世に生み出されたモノ達が無くなることは決してない。死ぬことはあっても、無かったことには決してならないのだ。
 そう、生み出された鬼達は、決して人には戻れない。
「テメェもそうだろ、銀時」
 積み重なる紙の中から高杉が一枚持ち上げる。その紙には坂田銀時に関する情報が書き連ねられていた。付随する一枚の写真には間抜け面のその人が写っていて、しかしその眼はしっかりと盗撮しているはずのカメラを見据えていた。おそらく盗撮した者はヒヤリとしただろう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析