ハーメルン
漆黒の英雄モモン様は王国の英雄なんです! (通称:モモです!)
2章 王都 漆黒の英雄と蒼の薔薇編ー1

「──で、ですね~。──なんですよ~」

 王都を歩く俺の左手から猫撫で声のような間延びした声が絶え間なく聞こえてくる。ちらりと視線を送れば、それに気付いたのか仮面越しでも喜色が強くなるのをはっきりと感じた。まるで甘え方を知らぬ猫がひたすら身体を擦り付けてきているようだ。
 王都の一軒が終わって早1ケ月。早々にエ・ランテルに帰りたかったのだが、どうもキナ臭い噂が貴族間で囁かれているらしいという情報を得てしまい、帰るに帰れなくなってしまったのだ。

「ヤルダバオトを態と逃した──か」
「もう、あんな噂なんて気にしなくていいんですよ、モモンさんっ」

 きっと頭の中のお花畑は春満開なのだろう、赤い猫──イビルアイの緊張感ゼロの声。こいつには分からないのだろう。貴族の中にデミウルゴスに勝るとも劣らない凄まじい鬼才の持ち主が居たことに。

(なにせ一発で看破したわけだしなぁ…)

 たとえ看破されようとも、漆黒の英雄たるモモンが『そんなわけないだろう!』と声を荒げるわけもいかず、ならばせめて心象だけでも良くしようとリ・エスティーゼ王国に留まることになったのだ。
 しかし敵も黙って見ているつもりはなかったのだろう。この国の最大戦力たる蒼の薔薇全員をもって、俺への監視要員として送り込んできていた。

(気付かないとでも思っている…わけないか。なにが目的なのやら。それが分かれば行動し易いんだけど)

 ヤルダバオト以前、一切交流の無かった蒼の薔薇と今では毎日のように顔を合わせ、イビルアイにしては常に付き纏われている。わざとらしい甘ったるい声を上げるのは少々──いやかなり演技が下手と言わざるを得ないが。

(デミウルゴスに相談できれば良かったのだけれど、あれから何やら忙しそうなんだよな)

 こちらから《メッセージ/伝言》を飛ばせば普通に連絡は付くのだが、直接会う事がほぼ出来ない。何をしているのかも分からず、『楽しみにしていてください』と喜色満面に言われては聞こうにも聞けない。もしかすると聖王国両脚羊<アベリオンシープ>に代わる上質な羊皮紙の材料でも探しているのかもしれないと思うと『帰ってこい』と言う事も出来ない。

(兎に角やれることをやるしかないか…)

 この1ケ月無為に過ごしてきたわけではない。周囲のモンスターの間引きに、強力なモンスターの情報を集めたりなどやれることは多岐に渡る。先にエ・ランテルに帰したナーベのことが気掛かりなのだが、カルネ村にルプスレギナが常駐しているしシャドウデーモン達もついている。余程のことでもない限りは大丈夫だと思いたい。
 後は監視役として付いている蒼の薔薇の心象を良くすることに執心している。ラキュース殿の《レイズデッド/復活》によってレベルダウンしたガガーランとティナのレベル上げの手伝い、凍牙の苦痛<フロスト・ペイン>・改など装備の貸し出し、雑多なアイテムの配布など。パワーレベリングととられてもおかしくない位の厚遇だ。間違いなく心象は良くなっているはず。
 だというのに、どうも無い胃がシクシクと痛む。たった一人でいることのなんという心細さか。看破されている──とはいえ証拠などないため俺を捕まえることも出来ないだろうが──現状では、何をやっても見えぬ相手に踊らされている気がしてならない。

(徹底的に甘やかして心証を上げ、出来れば此方に引き込む。出来ずとも中立を保ってもらう)

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析