ハーメルン
四肢人類の悩み【本編完結】
10話 両棲類人って全然両棲類じゃないらしいよ

「ところでよ、菖蒲」

「何?」

「羌子の兄貴とはどうなってるんだ?」

 時期は未だ夏休み。だが進学校たる新彼方高校には、登校日というものが存在する。
 獄楽が皐月に尋ねたのも、そんな日のうちの一日であった。

「どうにもなってないわ。電話はかかってくるけど大抵他の子が取るし、そしたら適当に理由つけて取り次がないようにしてもらってるし、たまに喋っても緊張してるみたいで碌に話せないし」

「って事はどうにもなんねえかー。なんかちょっとカワイソーかもな」

「いや、そう簡単にも行かないかもしれないのよね」

「何でだ?」

「施設の子が『ねーちゃん彼氏できたんだろー』とか『姉さんの彼氏って優しい人なんだね』とか言って来るのよ」

「んあ? どーゆーこった? 付き合ってねーんだろ?」

「どうも他の子に繋がるのを逆手に取って、外堀から埋めようとしてるみたい」

「将を射んと欲すれば、ってヤツか。
 しっかし意外だな、そーゆー搦め手使えるタイプにゃ見えなかったが」

「私も同感。だから入れ知恵してるのがいると思ったんだけど……その辺どうなの羌子?」

 話題が話題なので入りづらく、結果的に壁の花になっていた名楽に皐月が水を向ける。
 名楽は顎に指を当て、少し考え込むと微妙に嫌な事を思い出すかのように答えた。

「…………そりゃ多分お袋の入れ知恵だな」

「お母様の?」

「羌ちゃんのお母さんって……生きてたの!?」

「誰も死んだなんて言ってねーぞ姫」

「ご、ごめん。でもお母さんの話を全然聞かなかったから、てっきり……」

「まー家にいないのは事実だからな。
 離婚したとかじゃないが、この十年親らしいコトなんぞしてくれた覚えがない」

「随分奔放な方みたいだけど……そのお母様が入れ知恵してるって事?」

「消去法だけどな。親父も他の兄貴たちも恋愛にゃ疎いし、あの兄の友人どもも右に同じだ。
 女友達なんて高尚なモンがいるわきゃないし、となるとそういうコト教えられるのはお袋くらいって話になる」

「羌子さんのお母様ですか……どのような方なのですか?」

 恋愛はよく分からないので黙って話を聞いていたサスサススールが、名楽母には興味を覚えたのか入って来た。

「そーだな、キョーコそっくりだぜ」

「誰がじゃ!」

「顔も性格もそっくりじゃねーか。あ、でもお袋さん糸目じゃねーな」

「つまり斜に構えてて向上心があり頭が良くて体力がないと」

「お前さん私をそんな風に思ってたんかい」

「同属嫌悪、というものですか?」

「同属じゃないよ、ワタシぁあんなに享楽的で無責任じゃあない」

「そうやって否定する辺りそれっぽいけどな」

「やかましい!」

 珍しく感情的になっている辺り、意識的にしろ無意識的にしろ自覚はあると思われる。
 なお容姿も含めて、かなり似ているのは事実である。

「ってかお袋の話は今はいいだろ」

「結構面白そうだから聞いてみたいんだけど」

「却下だ却下。それより兄ちゃんだよ、実際どうなんだ?

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析