ハーメルン
四肢人類の悩み【本編完結】
16話 変態と子供は、混ぜるな危険だったんだね

「ねえ、あなたと一緒に外を歩きたくないんだけど」

「唐突に辛辣!?」

 弥生(三月)も下旬、新学年が始まるまでの短くも長い春休み。
 皐月は同じ施設の同じ部屋に住む、同じ年齢の女子高生と街を歩いていた。

「ヘイあやっちぃ、私に対してちょっちセメント過ぎなぁい?」

 ころころと表情を変える彼女の名は愛宕(あたご)沙紀(さき)
 光の加減で僅かに緑にも見える白髪に、青色の瞳を持つ角人である。
 カラーリングだけなら御魂にちょっと似ているが、顔は全く似ていない。
 身長もかなり低く、むしろ雰囲気的には、朱池の方に近しいだろう。

「コンクリ詰めにして海に沈めた方が良いんじゃないかっていつも思ってるわ」

「セメント通り越してコンクリートだったッ!?」

 そんな愛宕への対応は塩い。皐月とはそれなりに長い付き合いなのに塩い。
 愛宕の目が、その理由を見つけてしまった。

「おっ、あの子イイ感じ。ズボンの下の秘密の花園、夢が膨らむ……!」

「捕まるなら一人で捕まってよ……?」

 親子連れの子供の方を、欲望100%の目で見つめる愛宕。
 彼女は、子供が好きで好きで大好きなのだ(マイルドな表現)。

「施設の子もいいけど、たまには口直しも必要だよね?」

「あなたに必要なのは頭の医者だと思うけど。というか同意を求めないで頂戴」

「あーあ、私があやっちくらい成績良ければなぁ。迷わず小児科医になるってのにぃ!」

「小児科医は男の子だけじゃなくて女の子も来るのよ……?」

「分かってるってそんなコト」

 愛宕はきらりと目を光らせ、決め顔を作って言い切った。
 そんなところで使っていい顔だったのか。

「サービスタイムって事だよ! 一粒で二度美味しい!」

 ショタロリペドの三重苦な女である。ヘレンケラーに土下座しろ。

「その頭をカチ割って、メロンパンと入れ替えたら少しはマシになるのかしら」

「私の頭はメロンパン入れじゃないよッ!?」

 仲が良いのか悪いのかよく分からない漫才をしながら歩いていると、皐月の目が見知った顔を捉えた。

「にゃっ」

「にゃっ」

「にゃーっ」

「ふみゅぅ」

 御魂家の三つ子、千草(ちぐさ)千奈美(ちなみ)千穂(ちほ)とその妹の末摘である。
 普段なら挨拶の一つでもしていくのだが、今は実にタイミングが悪い。

「ヤッベエ私の超好み! こんにちはカワイ子ちゃんたち!」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析