ハーメルン
四肢人類の悩み【本編完結】
17話 四方山話の山は、どこから来たのか不思議だよね

「あ、あの……」

「ん?」

 新学期が始まり、二年生となった教室。
 今年度もまた委員長となった御魂が皐月に、おずおずと話しかけていた。

「この間はごめんなさい……少し言い過ぎたわ」

「いやあれは、あの変態が全面的に悪いから……」

「つい頭に血が上っちゃって……」

 この間の、皐月のルームメイトこと愛宕沙紀の乱行についてであった。
 あの後御魂は皐月にクレームを入れたのだが、頭が冷えると言い過ぎた事に気付いたようだ。
 というかむしろ止めてくれた相手にあの言い方はなかったのでは、と気にしていたのである。

「おっ、珍しい取り合わせだな」

 横から声をかけて来たのは、今年も同じクラスになった御牧(おまき)(まこと)だ。
 髪をベリーショートにした長耳人で、顔も中性的なため一見男にも見えるが、れっきとした女である。

「二人揃ってシケた顔してどうしたよ?」

「あー、ちょっとね」

 文字通りの恥を公言したくない皐月は口を濁す。
 それに首を傾げた御牧は、御魂の方に向き直った。

「ちーすけたちが心配なのか?」

「……そうね、心配ね」

 また変なのに集られてないか、という心の声が聞こえたのは皐月だけである。
 とは言え御魂も変態の話は出したくないらしく、御牧の勘違いをいいことに、本日から小学生となる自らの妹たちの話題に切り替えた。

「イジメられたりしてないかしら……」

「いや、大丈夫だろ」

「そうねえ。『いじめのない社会は健全ではない、いじめをする者は健全ではない』なんて言うけど、あの三つ子ならその辺りは大丈夫でしょ」

 いじめとは、『信頼関係が薄いが、共に行動しなければならない集団』で偶発的に起きる。
 いじめている間は、信頼関係のない者と共に過ごす不安を忘れられ、自分がいじめられる事もない。いじめそのものの昏い愉しさ、得られる優越感、仲間との連帯感、といった要素もまたいじめを助長する。

 であるからして、いじめは絶対になくならない。
 学校は『信頼関係が薄いが、共に行動しなければならない集団』そのものなので尚更である。
 もちろん、クラスメイト全員に信頼関係があれば別だが、それが可能なのは相当な小集団だ。
 そんな事になっているのは、進みすぎた少子化によって滅亡寸前な国くらいであろう。

 集団生活においていじめをゼロにしようと言うのは、マグロに泳ぐなと言うに等しい。
 止まったマグロは窒息して死ぬばかりである。

「不吉な事言わないでよ」

「まー心配ねーよ。あいつらがイジメられてるとこなんて、どーやっても思いつかねえしな。
 ちーすけたちなら、どこでも上手くやってくだろ」

「そうそう、子供の成長って思ったより早いものよ。
 ましてやあの三人なら、心配するだけ無駄じゃない?」

「そう……かしら」

 子離れできない母な御魂は憂い顔だ。
 正確には姉だが、まあ実質的なところを考えればどちらでも変わりないだろう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析