ハーメルン
四肢人類の悩み【本編完結】
20話 最近の怪獣は、頭脳派だったんだね

「ふぅ」

「夏だけど、温泉はいいね」

「まさかこんなとこにあるとは思わんかったけどな。てっきり銭湯かと」

 夏休み後半。オカルト科学部改め、民俗研究部の合宿。
 建前となる民俗調査をぱっと終わらせ、海で遊んだ帰り道。
 街のど真ん中に温泉を見つけ、折角だからという事でこうして入っている。

 夏休みとは言え、平日の昼間という事もあって人気は少ない。
 年配の女性が数名、ちらほらと見受けられる程度である。

「ま、細かい事はいいじゃありませんか」

 鴉羽が驚異の胸囲を水に浮かべながら言う。中身は9割脂肪なので水に浮くという理屈は分かるが、こうして目の当たりにすると圧巻である。

「これだけいいお湯だと、おささ()が欲しくなりますねぇ」

「まさかお前、飲んでるんじゃないだろうな」

 糸目にじっとりとした色を帯びさせ、名楽が鴉羽を睨む。
 こちらは浮くどころか平坦としか言えない。泣ける。

「それこそまさかですよぉ、バレたりはしません」

「オイ」

「ジョーダンですって」

 鴉羽は軽く微笑むが、同性の名楽には当然効果はない。
 彼女は獄楽や君原達の方に目を向けつつ言った。

「お前なぁ、酒があったらこいつらにも飲ます気じゃないだろうな。
 この連中が酒乱だったら手に負えんのか?」

「私も!?」

「センパイ、馬力はありますからね。酒癖が悪かったりしたら大変ですよ」

 驚く君原に若牧が顔を向ける。
 同じ人馬だというのに、貧富の差が酷い二人である。貴賤はなくとも格差はあるのだ。

「やめてよー、菖蒲が暴れたらまた私の頭がピンチじゃん」

「暴れないし、そもそもピンチになるような事を自重しなさいよ」

「死ねと?」

「あはは……」

 皐月に真顔で聞き返す欲望塗れの朱池に、その恋人は苦笑いするしかない。
 なおこの三人は、朱池・皐月・犬養の順で小さくなる。何の順かは言わずもがなだ。

「そーいえば菖蒲センパイ、片手でミツセンパイの頭を掴んで吊り下げてましたよねぇ」

「あれは驚きましたけど……先輩、握力何㎏くらいあるんです?」

 後輩二人の視線が自然に皐月に向かう。
 その問いに答えたのは皐月ではなく、名楽といい勝負になってしまっている獄楽であった。

「身体測定の時は50㎏くらいだったよな」

「それはそれで凄いんだけど……絶対手加減してたよね?」

 朱池の視線から皐月はあからさまに顔を背ける。
 答えになっていないが、答えているも同然である。
 まあ握力50㎏程度では、人一人を頭を掴んで持ち上げるなど不可能である。
 ゆえに、沈黙こそが金であると判断したのであろう。

「希ぃ、どんくらい力あれば出来んだ?」

「いや、んなの分かんねえよ。
 重時の兄ちゃんなら出来たはずだけど……確か握力は100㎏超えてるって聞いたぜ」

 重時とは獄楽の空手道場に通っていた先輩で、現在は偶然にもサスサススールの護衛を務めている警察官だ。本人の言からすると、公安ではなくSP(スペシャルポリス)のようである。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析