ハーメルン
四肢人類の悩み【完結】
04話 人魚は魚類じゃなくて哺乳類です

 潮の香りのする深い緑のトンネルを抜けると、そこは水没都市だった。所々が緑に侵食されている、水に浸かった校舎。水の中には魚が泳ぎ、うだるような暑さを少しでも忘れさせてくれる。

 水没都市、と言っても地盤沈下で沈んだのではない。最初からそうデザインされて造られた建造物なのである。

 ここは政府に厳重に保護された、人魚の居住区域。本日、新彼方高校の一年生は、形態平等政策の一環として、人魚形態との合同授業を行うべく訪れたのだ。

山人(やまのひと)の皆さん、第十四水人高校にようこそ」

 彼らを出迎えたのは、この学校の教師と学級委員長だ。教師はスーツ姿だが、委員長の方は水着で、その身体的特徴が殊更露になっている。

 人魚といっても、上半身は他形態とさほど変わらない。耳は翼人と同じだし、指に水かきがある訳でもない。あえて差異を挙げるなら、腰の横に申し訳程度の小さなヒレが生えているくらいか。あの大きさではほぼ役には立たないだろう、将来的には退化しているかもしれない。

 逆に下半身は、膝の辺りから両脚が融合して一体化し、ヒレになっている。その長さはかなりのものであり、他形態に当てはめた脚の長さからすると、概ね倍ほどもあるだろう。
 
「初めまして、委員長の御魂です」

「合同授業をさせてもらう、一組のクラス委員の美浦です」

 挨拶を交わし合う学級委員長の横で、双方の教師同士がどうもどうもと頭を下げあっている。日本人の習性はこんなところでも変わるところがないようだ。人魚の方はスーツだが、二足歩行の方は生徒共々水着なので、どことなくシュールである。

「すげー、人魚だぜ」

「ジロジロ見んなよ」

 小守(こもり)(まこと)がアホ面晒して人魚を見つめ、獄楽に窘められている。高一とは思えぬ長身と、筋骨隆々な体躯を併せ持つ、アメフト部所属の竜人の少年である。見た目に違わず怪力であり、その力は人馬にも決して引けを取らない。

 反面成績は非常に残念であり、この間の中間試験では900点満点中198点で、文句なしの補習と追試であった。そのせいで試合に出場出来なかったため、先輩にぶん殴られたほどだ。

 一言で表すなら、『アホだが悪い奴ではない』という、どの学校のどのクラスにも一人はいるタイプである。

「山人ってホント変な形してるわよね」

「胸ちっちゃい子、あれほんとに女の子かしら」

「では早速教室に移動してください」

 人魚の委員長が先導し、廊下にも入れてある膝丈の水を掻き分け、教室へと移動する。水がないと移動もできないための措置だが、陸人の感性だとそれでも浅すぎるような気がする。だが人魚は、泳ぐというよりは縦泳ぎの蛇のように身体をくねらせ、上手く移動している。これでも普段よりは水位低めなのだそうだが、器用なものである。

 キョロキョロとそんな人魚を見回していた小守が、半ば感心したかのように口を開いた。

「つーか皆美人だよな、オッパイでけえし」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析