ハーメルン
四肢人類の悩み【本編完結】
07話 南極人の真実は結局謎なのかな?

「南極から来た、ケツァルコアトル・サスサススールさんです」

 教壇の横、担任教師の横に立つ転校生は南極人である。
 女子用の制服を着てバッグを手に持つ南極人である。
 問答無用に完全無欠な南極人である。
 有体に言うと、二足歩行の蛇だ。

「皆さんと学ぶべく、南極から来ました。よろしくお願いします」

 首から上は蛇そのものであるにも拘らず、意外にも人間そっくりの声だ。
 しかも服の通りに女性の声である。外国人特有の訛りもない。

「私服警官がやたらと多かったり、校内にまで入り込んでると思ったら……」

「羌子の予想、外れたな」

「いやこれは予想外でしょ……」

「な、南極人……」

「別に取って食われはしないから」

 君原が少々怯え気味だ。彼女は幼い頃、南極蛇人を怪物役にしたB級ホラー映画を見て以来、南極人に対して少々トラウマがあるのだ。
 蛇人が人馬のヒロインを丸のみにしてしまう、という内容のせいだが、本物の南極人は蛇と違って顎が外れないし、体格も人馬より小さいため物理的に不可能だ。

「質問はキリないと思うから後でね」

 即座に挙げられた手を、予想していたと思しき早さで担任が牽制する。
 まあ確かにキリなどあるまい。

「ではケツァルコアトルさん、一番後ろの空いてる席に座って下さい」

 体格はさほどでもないのだが、首から上がちょうど鎌首をもたげた蛇のようになっているので、その頭の位置は意外な程に高い。
 また、眼は大きく青く、驚いた事に額の上に三つ目の眼が存在する。

 腰からは太い蛇の尻尾が伸びているが、地面に引き摺ってはいない。
 かといって、恐竜のように天秤棒のごとくバランスを取っている訳でもない。
 完全直立二足歩行だ。

 頭と尾は、ニシキヘビの如き滑らかな鱗で覆われている。
 ただ、模様が無いのと黒一色のせいか、あまり鱗っぽくはなく、むしろビロードのようである。

 そこ以外は鱗は見えず、腕や脚は哺乳類人と同じように皮膚で覆われている。
 ただし、肌の色は哺乳類人にはあり得ない、薄い青がかった白に近い灰色だ。
 僅かに青みを帯びたコンクリートの色、というのが一番近いかもしれない。

「君原さん、席が隣同士だし、色々教えてあげてね」

 そんな南極人を見ていた君原が、担任の言葉で完全に固まった。
 新しい机は隣なので当然なのだが、どうやらそこまで頭が回っていなかったようだ。

 微妙に引きつった顔のまま、一時限目の漢文の授業が始まった。



◆ ◆ ◆ ◆



 途中ちょっとしたトラブルもあったが、つつがなく時は過ぎて昼休み。

「ケツァルコアトルさん!」

「は、はい」

「質問の続き、いいかな?」

「はい、大丈夫ですよ」

 サスサススールが食事を終わらせたところを見計らって、クラスメイトがどっと押し寄せる。午前にも一度休み時間に質問はしていたのだが、その程度では足りぬとばかりに皆興味津々だ。

「はいはい並んで並んで。順番よ」

 頼まれた訳でもないのに、委員長が再び仕切り始める。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析