ハーメルン
異世界に転移したらユグドラシルだった件
#13 今後

 夜明け。漆黒の夜空の片隅が、これから昇る太陽の光を浴びて白み始めた頃。布団からモゾリと這い出す影があった。

「あー、会社行かなきゃ……あ、そうか。今異世界に来てたんだっけ」

 モモンガは夜遅くまで起きていても、この時間帯には自然に眼が覚める。彼の会社は出勤時間が早く、夜明け前に家を出ることもしばしばある。休日でも同じ時間に目覚めてしまうのだから、習慣とは恐ろしいものだ。

 早く出社した分、早く帰れるかと言えばそうでもない。繁忙期ともなれば家に戻れない事もある。多忙な他の部署の応援に駆り出されるためだ。それも小さな会社の宿命か。

 ただ、個人の営業成績に応じて給料に色を付けてくれる。残業代はないが。上司は「君たちが帰れる時間が定時だから」というのが口癖で、残業を認めない。
 だから早く出社して、夕方までにその日の仕事を終わらせて帰る。彼は入社三年経つ頃にはそういうスタイルを確立していた。残業代が期待できないなら、さっさと帰りたかった。そしてユグドラシルに没頭するのだ。

 昨晩は珍しく酒を飲んで酔っ払った。会社の飲み会等では付き合い程度に僅かな量を飲むことはあるが、美味しいと思ったことはなかった。
 異世界へ来て初めて、酒や料理が感動するほど美味しい物だと認識できたのだ。

(料理も最高だったし、ついつい飲み過ぎちゃったなぁ)

 思わずモモンガの頬が緩む。昨日の食事を思い出すだけで、口内に涎が溢れてくる。

(だけど、いつまでもここで過ごすっていうわけにはいかないよなぁ。たっちさんは奥さんも小さな子供も居るし。茶釜さんだって、ペロロンンチーノさんだって、家族が心配してるはず。ウルベルトさんは……ウルベルトさん、大丈夫かな)

 ウルベルトについて知っていたのは、社会人であること、中二病だということ位で、昨晩話したような事は知らずにいた。
 昨晩ウルベルトが語った内容は、かなり重たいものだった。一緒にユグドラシル(遊び)に興じているときの彼からは想像もつかなかった。

 ウルベルトの職場は現場作業で、大企業から使い捨ての部品のように扱われている。危険な作業だが、十分な安全教育も受けられず、危険手当もなければ作業の安全基準もない。両親も、同じような過酷な環境で使い潰されて命を落とした。そうして命懸けで作業した成果が享受できるのは、一握りの富豪達だけ。何の苦労もせず、知る事さえなくただ座して利益を貪るだけの能無しばかりだった。

 両親が死んだ時の事をウルベルトは今でも鮮明に覚えている。見舞金を持ってきた企業側の男が、ゴミを見るような目で自分を見ていたこと。
 謝罪の言葉はなく、たった一言、慰労の言葉を口にしただけだったこと。それすらも煩わしいという思考が透けて見えていたこと。
 自分の都合で無茶な要求を通し、それで人が死んでも何の痛痒も感じてはいないであろうこと。

 両親の死を体を震わせながら語ったウルベルトは、状況を変えられない悔しさと、理不尽で傲慢な支配者層への恨みを滲ませていた。モモンガは彼に対して掛ける言葉が見つからなかった。

 燻っていたウルベルトの感情は、異世界へ来たことと、ある出来事がきっかけで変貌を遂げる事になるのだが……。



[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析