ハーメルン
ラブライブ!サンシャイン!! 黒澤家長男の日常
レンタル彼氏ってなあに


「ここは現実(リアル)なんだからそんなのあるわけないでしょ!」

そして花丸…お前は一体何を言っているんだ?善子も分かってるみたいだし


「話してくれないとお兄ちゃんのこと嫌いになっちゃうよ…」


刹那────俺の脳から全身の筋肉に電気信号が送られる。人間は死の瞬間には脳がフル稼働するというがその通りであった。まあ、2秒で全ての情報を吐きましたね。ついでに正座もしました


「今後“レンタル”彼氏は禁止ですわ!」

上の通りの姉ちゃん直々のお触れが出たところで練習再開


みんなの動きが軽くなったような重くなったような…



…梨子と曜には今度埋め合わせしておくか

[9]前 [1]次話 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:3/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析