ハーメルン
ラブライブ!サンシャイン!! 黒澤家長男の日常
鹿角理亞は瓜二つ

高海千歌の日誌

最近、銀くんsaintsnowの理亞ちゃんとほんとに仲が良いなって思う…やっぱり妹にしか目がないのかなぁ…

「よし!いまこそリーダーとしてAqours妹化計画の実行をする時だよ!」

────

縁側の長い暗闇の中でルビィを見た。少女は気配に気がつくと立ち止まった。夜の冷気が流れこんだ。男は体いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「ルビィさあん、ルビィさあん」
と声を遠くに響かせた。暗闇の前で踵をかえしゆっくり木板を踏んで来た女は、ツインテールで赤桃色(カメリア)のつり目を要していた。


「Oh…理亞来てたのか…」

ひとつ言い訳をしたい。ルビィと理亞はよく似ているのだ。優しいルビィとつんつんした理亞は性格のこそ似ていないがその根底には小動物的な弱さが見え隠れしている。分類的には小さくて可愛い妹枠と言ったところか



「誰がルビィって?。このシスコン」

眉間に思いっきりシワよせて怒っちゃったよ…でも腕組んで自分を大きく見せようとしてる辺りがめっちゃ可愛い。なんせ俺のみぞおちくらいしか身長が無いからな

「ごめんって暗闇で二つ結びの影見せられたらルビィと思うじゃんか」

「シスコンの部分は否定しないのね…」

「否定しようか?」

「いや、いい」

うん、だろうな。否定しても善子のヨハネコール並に無視されてるからね。非常に辛いんだ。その俺の答えに少し諦観ぎみの理亞は深いため息を1つついた。その吐息にいくつもの疲労が入っているのが手に取るように分かる。週末の今日に学校が終わってからここに来ようと思うとそれなりの時間がかかるからな。事実として理亞が制服のままでここにいたのもそれが理由だろう。というか服や胸の大きさ少しの髪型の違いで気がつくべきだった。


「そうだ!理亞。今日の夕飯は姉ちゃんがとびきりのを作ってくれるからホントに美味いと思うぞ。マジで世界一の夕飯だから期待しておけ」

うちの姉ちゃんは地元でも評判の美人でなおかつ料理上手だからな…正直非の打ち所がない

「うちの姉様の方が料理上手なんだから!食べ比べてみたら絶対に分かる。姉様が1番だって」

理亞の言う通り聖良は美人で運動もできてスタイルも良くて作詞作曲も出来る完璧超人それでいて料理上手……なるほど非の打ち所がないですね


「聖良ってなんでも出来るよな。まさしく超人って感じで」

「そんな姉様にも出来ないことがあるの。“恋”とか…」


都会人曰く恋はするものではなく落ちるものであるそうだ。聖良の場合通っているのが由緒あるお嬢様女子校の
函館聖泉女子高等学院だしそんなやすやすと恋に落ちることなんて無さそうに見える


「確かに聖良が恋してたらそれはもう地球が回ってるってくらいに驚天動地なことだな」

「確かにほんと驚天動地だね。鈍感っていうのは」

唇をとがらせて言う理亞の眉間にはずっとしわがよっていた。言いたげなフェイスでこっち睨んでるけど俺は理亞の額に触れ怒りしわを軽く伸ばす


「眉間にしわ寄せてたらせっかくの可愛い顔がしわしわの婆ちゃんになっちゃうぜ?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析