ハーメルン
スカーレット家長男の憂鬱
3話

朝起きたらメイド長が凄い量の本を持ってきてくれた。
内容はファンタジーから魔導書まで何でもござれという至れり尽くせりのラインナップ。しかも俺が好きな感じの本だらけ。

あの人達良い人過ぎるだろ…。それをパラパラと読みつつ並行してこれからの段取りを考える、とりあえずこの部屋から出ることが出来るようになるまで回復した姿を見せるとかどうだろうか、少し早すぎるだろうか。とりあえず、来てくれた人を無条件で追い出すのはやめよう。

アルク・スカーレットという吸血鬼の情報をかなり持っているからといって、それを完璧に模倣し演技することが可能という事ではない。感情の出し方や表情は結局のところ「アレク・スカーレットならこうするだろう」という予測でしかないのだから。本当に面倒くさいところに憑依したものだ、けどやり遂げるしか自分に出来ることがないので諦める、とりあえずご飯の為にメイド長を呼ぼう。

「…咲夜…さん…」
「お呼びでしょうか、アルク様」

一瞬で目の前に現れて心臓が止まりそうになる、まだ死ねない。

「あの…お腹が空いて…」
「かしこまりました、すぐに持ってまいります」

やったぁ!俺ご飯食べるの大好き!そんなふうに無垢な少年を心の中に飼っておく。男はいつだって純粋な心を失わないんだ。

「…あ、あの」
「何でしょうか?」

優しそうな笑みを浮かべてこちらに振り返るメイド長。

「さっきは…ごめんなさい…謝りたくて…」
「!」

これを言っておくだけでも印象は違うだろう。俺は細かいところまで手は抜かない性分なんだ。

「それで…これから…よろしくお願いします…あの、それだけです…」
「もったいないお言葉です」
「うん…ありがとうございます…」

俺がそう言うと微笑み、凄い優雅な足取りで部屋を出ていくメイド長。惚れてまうやろ…いや本当にめっちゃ美人でびっくりしたわ、元々顔は良いと思っていたんだけど今回のことで本気で惚れそうになった。もう演技とかどうでも良くなりそう、いやダメだ、それやめたら確実にキュッとしてドカーンされて汚い花火になる。

葛藤しながらも置いていた本をまたペラペラとめくる。今読んでいるのは影武者の話、影武者というのは王や国の重要人物の偽物だ。暗殺や襲撃が起きた際にその影武者に身代わりになってもらい難を逃れる為に使われるという何とも哀れな役職。俺ならこんな仕事死んでも就きたくないな。

わざわざ誰かの代わりに死ぬ為に生きるなんてまともな神経じゃない。誰だって自分のことが一番大切で大好きなんだ、口でどれだけ自分のことを貶めようとも必ず心の中では自分を守ろうとする、俺だってそうなのだから。

「アルク様、お食事をお持ちしました」
「早い…ですね…」
「私は時を操る能力を持っております、食事を一瞬で作るなど朝飯前です」
「凄い…」
「ふふ…ありがとうございます」

時を操るとかチート過ぎないか。俺もそんな能力欲しかったな。心の中では哀愁を漂わせながら表面上は尊敬の目をメイド長に送る。でも操るってどこまで可能なのだろうか、止めること、進めること、戻すこと。全て可能ならばこのメイド長に勝てる生物はこの世にもあの世にも居ないだろう、負けそうになれば時を止めてから巻き戻せばいいのだから。

想像通りだろうが俺は能力を持っていない。これはアルク・スカーレットが元々持っていなかったのか俺が憑依したことにより無くなったのかは定かでは無いが記憶を見る限り自分に能力が無いことを悩んでいたようなので元々無かったのだろう。羽根が小さいことも関係しているのかもしれない、まあ効率のいい魔力の使い方や武術の基本は修めているのでその辺の妖怪には負けない筈だ。この紅魔館クラスの妖怪になると瞬殺されると思うけど。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析