ハーメルン
スカーレット家長男の憂鬱
10話

今日は人里に買い物だ、客が来るようなのでお茶菓子を買うのと米を買ってくるように言われ一人で来ている。仮にも妖怪なので米ぐらいなら一人で持てるが正直な話をすると面倒臭い、帰って昼寝でもしてご飯食べてまた寝たい。まあ居候させてもらってる身でそんなことを言えば確実に居場所が無くなるので絶対にそんな事言わないが。

マヨヒガから森の中に出て直進したとこにあるようなので迷うことも無いだろう、問題はこの森に妖怪がいる場合だ。中級妖怪までならギリ倒せる程度の実力しか無い俺にとってはここに長居したくない、意識的に足を速めて進んでいく。
ところでどれぐらい直進なのだろうか、こんな時に空を飛べたら話は別だろうがあいにく俺は飛べないんだ、悲しいな。

特に飛べなくても不便はしていないのでそんな卑屈にはならないが、飛べた方が便利なのもまた事実。帰ったら紫様あたりに翼無くても飛べる方法とか聞いてみようかな。あの人普通に何も無くても飛んでるし俺も努力すればいけるだろ。妖怪としての格は確実にあっちの方が上だからなんて言われるかはわからんが。

そんなこんな考えながらとぽとぽと歩いていく、ていうかこのショタボディでは歩幅が小さいから全然進まん。吸血鬼って何歳になれば成長するんだろうか、今でも結構歳はとってる気がするんだけどな。ふと、俺より年上の姉様達の姿を思い出し納得する。たぶん吸血鬼は成長が遅いんだろう。そう言い聞かせながら歩く、すると

「ばぁ〜〜!驚け〜!!」
「うぉおおおぉおぉお!?」

横から何か出てきたので雄叫びを上げながら魔力弾を撃つ。正直めちゃくちゃビビった、魔力弾は見事に当たりその何かは沈黙した。
いやしゃーなししゃーなし、こんなん絶対びびるやつやん。心霊スポット行って白装束の女が襲いかかってきたらびびるだろ?それと同じだって。まだドクドクと鼓動を鳴らしている心臓を落ち着けつつその物体に近寄る。

なんだこれ、傘か?目と舌がある、気持ち悪っ。そしてその下に居る妖怪らしき女を見る。中々の美少女だ、魔力弾を撃たれて白目を剥いていなかったらさぞかし可愛かっただろう。傘をそっとその女に被せつつ立ち上がる。とりあえず起きる前にここから立ち去ろう、バレなきゃ犯罪じゃない。

そもそも俺悪くないだろこれ、いきなりなんかしてこようとしたから反撃しただけであって悪気があったわけじゃないし。スタスタ歩きながら言い訳がましいことを心の中で垂れ流す。しかしあいつはなんであんな所であんなことしていたんだろうか。疑問に思うばかりである。



そこからは何事も無く人里の近くまで一直線に行く事が出来た。門番のようなやつが俺を見ても何も言わなかったところを見ると明らかな妖怪でもない限りは通して貰えるみたいだな。良かった良かった。
安堵しつつ里を回りお茶菓子と米を買った。その後は特にすることも無いので団子屋で団子を食べつつゆっくりする。一応小遣いは貰っているので安心だ、橙より少ないのは少し不満だがな。

「そういえば聞いたか?」
「ああ、あの鍛冶屋の唐傘妖怪が誰かにやられたらしいぞ」
「死んではないみたいだがひでぇ話だな…」

…ふぅ、帰るか。

そう思い立ち上がろうとする、お代はもう払ったし団子は食べたし人里にやり残したことは無くなったからな。早く帰らないと茶菓子が傷んでしまうし、米も早く炊かないと晩御飯に間に合わなくなってしまう。仕方ないことなんだ、別に逃げようとしてるわけじゃない。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析